新担任助手 松田慧大の自己紹介!!! | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 4月 22日 新担任助手 松田慧大の自己紹介!!!

皆さんこんにちは!!!

新担任助手、東京大学前期教養学部文科二類 一年の 松田慧大 です!!!

今日が初めてのブログなので自己紹介をしたいと思います!!

 

出身高校は都立国立高校で、部活は少林寺拳法部に所属していました。小中とクラブチームでサッカーをしており、大学ではサッカー、フットサルのサークルに入る予定です。 海外サッカーを観るのも好きでチェルシーファンです。サッカー好きな人がいたらぜひ声をかけてください!!!

趣味はサッカーのほか、洋楽を聴いたり、ペットの犬猫と遊ぶのが大好きです!笑

二次試験の選択科目は国語、英語、数学、世界史、地理でした。東大入試は全て記述式で2日間にわたって行なわれますが、東大の二次試験が他の大学と大きく異なるのは社会(理科)が二科目必要だということです。そのため国数英をどれだけ早く固められるが勝負の分かれ目になります。

 

とまあこの話はさておき、続いて自分が大切にしていたことについていくつか話したいと思います。

つ目は取捨選択を徹底することです。

やりたいことすべてを限られた時間内でやりきることは難しいです。

そのため必ずすべてのことに優先順位をつけるようにしていました。

自分はタスクを優先度の高い順にA,B,Cとランク付けしてAは何が何でもやる、Cは時間がなければ潔く諦めるということを徹底していました。

この方法はすぐに実践できるのでぜひやってみてください!

つ目は睡眠時間をしっかりと確保することです。

多くの人は課題に追われたり、テスト前の一夜漬けなどにより睡眠時間を削りがちですがこれはよくありません。

睡魔に襲われながらの勉強は頭に定着しにくく効率が圧倒的に悪いです。

自分は部活をやっている頃は、部活終わりで疲れているときはおとなしく早く寝て、次の日の朝早くに起きて勉強するようにしていました。

受験生時代は毎日必ず8時間は寝るようにしていて、入試の直前期は9時間寝るようにしていました。

睡眠をしっかり取ると勉強効率は飛躍的に向上します。

夜更かししてYoutubeを見るのをやめて早く寝るようにしてみましょう。

つ目は高校生活を全力で楽しむことです。

これが個人的にはいちばん重要なことだと思います。

勉強だけが全てではありません。

部活や行事などに全力で打ち込んだ経験を通して得た精神力や粘り強さは必ず勉強にも生きてきます。

勉強のために部活を早期に引退してしまう人などもいますが、最後までやりきって引退したほうがその後の勉強にも身が入りやすいと思います。

勉強以外のことにも全力で打ち込んで見てください!!!

以上です。

明日は陰山担任助手による「ラストメッセージ」です。お楽しみに!!