常にポジティブで受験に挑もう!! | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2022年 1月 3日 常にポジティブで受験に挑もう!!

こんにちは!慶應義塾大学理工学部中村です!

 

毎日寒く乾燥する日が続いていますね…!

 

防寒対策水分補給をこまめにしていきましょう!

 

 

今日のブログテーマは、昨日に引き続き「受験生への応援メッセージ」です!

昨日のブログも、本当に心が動かされるものだったので、是非見てみてください!)

 

是非最後まで読んでください!

 

自分が伝えたいこと

何個書いても貴重な受験生の時間をたくさん奪うわけには行かないので一個書きます!笑

 

いままでみなさんが生きていてこの言葉に苦しんだ人がいるかもしれません。

 

 

『プレッシャー』

 

 

部活をしてきた人は試合で、またこれまでの1,2年間で受けてきた学校のテストや塾の模試で、、、

 

プレッシャーを感じてしまい、普段どおりの力が発揮でいなかったときもあったと思います。

 

それではこのプレッシャーというのはどこから来るのでしょうか、、?

 

自分はポジティブ人間なのでプレッシャーというのは

 

 

『これまで積み重ねてきた努力』

 

 

からくるものだと思っていました。そして今も思っています。

 

ここで一つ想像してほしいのが、例えがすごく悪いですが「ノー勉で挑んだ定期テスト」を思い出してほしいです。

 

(先生、家族ともにごめんなさい)

 

あのときは自分は緊張しなかった記憶があります。

 

いい結果が出るとは思っていなかったからです。

 

このようにプレッシャーを感じるときは、

 

 

「自分が結果を出すに相応する努力をしてきた時」

 

 

なのだと思います。

 

プレッシャーが大きいほど、

「受かりたい」「そのための努力をしてきたから、その努力を発揮したい」

という気持ちが大きいということですね!

 

なのでプレッシャーを感じることは悪いことではありません

 

緊張を楽しむこと大事です!!

 

 

ここまで読んで、「いや、結局緊張したらなにも解決になってないじゃん!」

 

と思った人もいるかも知れません。

 

その人は受験会場についたら周りを見渡して、こう思ってください。

 

 

「自分はこれだけ頑張ってきた。今日受けに来てるってことは受験するに相応する努力をしてきた。」

「ここいる誰よりも自分は点数を取ることができる!!!」

 

 

と思ってほしいです!

 

それが出来る気がしない!という人は、

 

無理やりにでも笑顔を作ってみてほしいです。

 

顔が笑えば、気持ちも明るくなります。

 

 

 

受験日がきたら、気持ちでの戦いも発生します。

 

受験日はこれまでの努力、辛かったことを思い出してポジティブになりましょう!!!

 

これまで東進で毎日頑張ってきたみなさんなら大丈夫です!

 

当日は胸張って今までの努力を発揮してきてください!!

 

校舎で吉報を待ってます!

 

長くなりましたが、ご精読ありがとうございました!

 

 

 

明日のブログは、江良担任助手で「受験生への応援メッセージ」です!

受験生だけでなく、新高3生以下も、同日に向けてという意味で是非読んでください!

 

※明日はリスニング対策会のため、18:30~20:00のみ自習室が利用できません。