定期試験との両立 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 10月 8日 定期試験との両立

みなさんこんにちは!

 

明治大学政治経済学部2年の三嶋修平です!

 

最近は10月とは思えないぐらい暑いですね、、、

 

体調の変化に気を使いましょう!!

 

さて本日のテーマは、定期試験と東進の両立ということで、さっそく書いて行きたいと思います。

 

 

私自身としては、定期試験もそこそこ頑張っていたので、参考になるかと思います!!

 

両立するうえで心がけていたことは2つあります。

 

①定期試験と同じ単元の受講をする

 

これは特に数学で使えると思うのですが、テスト範囲と同じ受講をあえて残しておき、それをテスト前に一気に進めるということです。

 

普通に受講をやるよりも、テスト勉強も頑張らないと!と思うはずなので、普段の受講の100倍は集中して行えるのではないかと思います!

 

②テスト週の前後で頑張る

 

2つ目は、テスト週の前後で頑張るです。

 

テスト週はどうしても受講量が減ってしまいます。

 

しかし、それは仕方のないことだと思います。

 

なぜなら、みなさんは東進生である前に、高校生だからです。

 

ですので、目の前の定期試験とも全力でぶつかって欲しいです。

 

定期テストも受験勉強も頑張る。

 

これこそが東進生の鑑ですね。

 

ここで重要なのは、テスト週で受講量が減ってしまうのは妥協したとして、その前後で受講量を増やすことです。

 

具体例をあげるなら、普段週5コマ受講する生徒がいたとして、この生徒は通常通り勉強したらテストの1週間前の週・テストの週・テストの1週間後の週の3週間で合計15コマできます。

 

しかし、テストの週はそう上手くいかず1コマで妥協してしまったとしても、テストの前後の2週間で7コマやれば、3週間で受講量を捉えた時に、15コマで同じになっています。

 

このように、前後の週で頑張ればいいのです!!

 

以上で終わります。

 

明日のブログは、尾辻担任助手による「部活との両立」です!