学校と東進の勉強の両立方法 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 17日 学校と東進の勉強の両立方法

皆さんこんにちは!

早稲田大学創造理工学部経営システム工学科2年の阿部悠吾です!

本日のブログテーマは「学校と東進の両立方法」ということで早速自分が意識していたことなどを書いていきたいと思います!

高校生は、部活に体育祭や定期テストなど色々有り、けっこう忙しいと思います。

自分も高校生のときは、部活で忙しく、毎日東進につくのは20時くらいになっていました。なので、今回は部活生向けに、部活と東進の両立方法について書いていきたいと思います!

もし、定期テストと東進の両立方法が分からないなどありましたら、昨日の森永担任助手の学校と東進の両立方法を参考にしてください。

自分が部活をやっていたときに、意識していたことは、2つあります

まず、一つ目は隙間時間を徹底的に活用することです。

これは、主に登下校時に言えることなのですが、友達とあったりすると、話したり、ゲームをしたりしたいと思いますが、そこは我慢をし、マスターや単語帳や文法の参考書をやっていました。自分は、受講などが多く残っており、マスターなどの時間を多くとることが出来なかったので、隙間時間には、必ずマスターを勧めるようにしました。

 

次に、二つ目に意識していたことは、必ず東進にいき、閉館時間まで残るということです。

自分はどんなに疲れていても、東進に必ず行くようにしてました。じぶんは先ほど述べたように、東進につくのが20時くらいだったので、部活が始まる前などに、7限を予約するなどして、絶対に東進に行くようにしてました。

また、受講などが終わって、20分余ることがあると思いますが、そこで帰りたくなりますが、閉館まで残るようにしてました。ただでさえ部活で時間が少なかったので、必ず閉館まで残るようにしてました

 

このように自分は、隙間時間を徹底的に活用することと毎日登校をし、閉館時間まで残る2つを意識していたので、部活で忙しい生徒などはぜひ意識してみてほしいです。

明日のブログは、古川担任助手の「学校と東進の両立方法」です。お楽しみに!!