大学紹介(横浜国立大学) | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2014年 6月 8日 大学紹介(横浜国立大学)

みなさんこんにちは!担任助手4年目の前田です!

雨続きで外にでるのも面倒ですが、新百合ヶ丘校の生徒は「アメニモマケズ、カゼニモマケズ」たくさん登校して勉強していて素晴らしいですね

本日は、僕が通っている「横浜国立大学」についてご紹介したいと思います!

 

キャンパスの紹介に入る前に、意外と知識を持っている人が少ないように思うので「どの国公立大学がどのぐらいの難易度なのか」ということをお伝えしておきたいと思います。科目数や受験形式が大きく異なるため、あくまで参考程度ですが、「旧帝大+東工大、一橋」は「早慶上智」より難易度が高く、「横浜国立、筑波、千葉、首都大」あたりは「早慶上理」と「明青立法中」のあいだぐらい、というイメージをもっておいてください。

 

さて!それでは、横浜国立大学(以下、「国大」)の大学紹介を始めていきます

国大の一番の特長は「広大で緑豊かなキャンパス」だと思います。

立地は最寄り駅から徒歩20分とあまり恵まれていませんが(汗)、都心から離れているからこそ大きなキャンパスを立てることができ、経済学部・経営学部・教育人間科学部・理工学部のすべての講義棟・研究棟・実験施設などが一堂に会しています

他の大学は複数のキャンパスをもつことが多いですが、国大はこのような環境にあるため、①一般教養の講義の種類が多い、②サークルや学園祭などで文系、理系の人と広く関わりをもつことができる、③研究設備が整っている…などのメリットがあります。

緑が豊かなためか、学内でランニングやお散歩、キャッチボールなどをする人もよく見かける、ほのぼのとした大学です。

 

そんな国大の施設の中でも一番立派なのが「中央図書館」です。

地下~3階まで蔵書や自習スペース、PCブース、コミュニケーションスペースなどいろいろな設備があり、特に試験期間中は試験勉強をする人たちで賑わっています!

1階にあるカフェ「Shoka」は「オレンジデイズ」というドラマの撮影にも使われたオシャレな場所。

「キャンパスライフ」という言葉に対するみなさんのイメージを裏切らない良い大学なので、是非みなさん一度遊びに来てみてください

 

【明日の自習室使用状況】

19:45-20:00 週間HR

その他の時間は全日使用可能です。