大学・学部紹介~工学部編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 1日 大学・学部紹介~工学部編~

こんにちは!

東京大学工学部3年外山結月です!

いよいよ6月、梅雨の季節に突入してしまいましたね。天気が悪いとなかなかテンションだとかやる気だとか、上がりにくいとは思いますが無理やり上げて頑張っていきましょう!

 

本日のテーマは「大学・学部紹介」ということで、工学部機械工学科についてお話しします!

こちらが現在の時間割です。

この中からいくつかの授業を紹介します。

 

①機械工学総合演習第二

見てのとおり、この演習が水曜日を除いて毎日あります。

演習の内容は様々で、今までやったのは、

・計算機演習:プログラミングを使用した演習。あるゲームに勝利するためのアルゴリズムを考えて書いたり、PCのカメラから取り込んだ映像を加工?したり、CGの作成についての基礎の基礎を学んだり。

・CAD演習:設計のためのソフトウェアの使用方法を学ぶ。

・SE演習:外部からの熱で動くエンジンであるスターリングエンジンを班で設計し、実際に金属から製作する。

などです。現在はオンラインで行っているのですが、様々なツールを使って4月から充実した演習をすることが出来ています!

また、今後は実験や電気回路の演習も行われます!

SE演習は今学期の演習の中でメインとなるもので、3週間くらいにわたり設計をし続けてきました。設計が一度終わったので本当はここから金属を切削して実際にエンジンを作るのですが、現在の状況のため実際に製作するのは延期になってしまいました。

 

②設計工学

この授業は、機械系に関わらず設計全般の話を聞くことができます。バリバリ工学系というよりは、新しいものを生み出すときの考え方や設計の過程を数式化しようという考え方についての話を聞くことが出来ます。

最終的には人生設計についての話につながるそうです。

 

ここまで、私が現在履修している授業についてお話してきました。ここで紹介したものの他に、機械工学科では四力学(力学、熱力学、材料力学、流体力学)も重要となっていて、2年の後期から受けてきています。

工学部といっても様々な学科があります。今の段階では工学部の中でそれぞれの学科の違いがあまり分からないという人も多いと思います。今まで紹介したように機械工学科といっても様々な演習や講義があり、視野を広げることが出来ます。

ですがメインの演習や講義はやはり、その学科に特化したものになるので、そこを気にして志望学科や大学を考えてみると良いかもしれないです。

 

明日のブログは向田担任助手による「勉強に集中する方法」です!

明日もお楽しみに!!