大学で頑張っていること | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 2月 16日 大学で頑張っていること

こんにちは。東京学芸大学1年の山床です。

高校生のみなさんは、テストが近づいてきましたね。

そろそろテストモードになってきていると思いますが、不受講にならないように気をつけましょう。

 

 

ちなみに私は、つい先日テストが終わりました。

今期は、西洋史、東洋史、法学など社会の教科の授業を幅広く受けてました。

高校生の頃のように試験勉強をしました。

私は、日本史選択だったのでほとんど世界史をやったことがなく、一から勉強しました。今回の試験で少し世界史の勉強方法なども掴めたと思うので、ぜひ聞いてください。

今日は、そんな自分の大学生活、大学で頑張っていることを紹介します。

 

 

〇勉強面

私は、社会選修なのでこの1年は社会の科目を幅広く勉強していました。

高校の頃にやったことの無い教科も勉強できたので、とても楽しかったです。

第2外国語として、中国語を勉強しているのですが、中国語もすごく楽しく、1番試験勉強を頑張っていました。

社会学の授業を受け、社会学が面白いと思い、2年生からは社会学の教室に入ることが決まりました。

2年生からの授業もすごい楽しみです。

 

 

〇私生活面

私生活においては、サークルを頑張ってます

大学では、吹奏楽とエレクトーンの2つのサークルに入っています。

吹奏楽では、クラリネットを吹いています。クラリネットは大学から始めました。

クラリネットを吹いているところがかっこよく思い、音色がとても素敵だなと思ったのがきっかけです。

最初は、音すら出すことができず、とても苦戦していましたが、練習を重ね少しずつふけるようになってきました。

いろいろなジャンルの曲をふけるのでとても楽しいです。

エレクトーンは、小さい頃からやっていて大学でも続けたいと思い、エレクトーンのサークル入りました。

自分の大学にないので、他大のサークルに入って活動しています。

いろいろな大学の人と交流できるので、とても楽しいです。

 

受験生の皆さんは、大学生になったらやりたいことがたくさんあると思います。

自分はやりたいことが今できてとても幸せです。

大学生になったらいろんなことに挑戦してみてくださいね。

 

新高0・1・2・3生の皆さんは、自分が大学生になったらやりたいことを具体的に考えてみてください。

受験が近づくにつれ、辛くなることがあると思います。

そんなとき、自分が大学でやりたいことを想像してみると将来のために頑張ろうという気持ちになります。

大学のHPをみて、大学生活のことを想像してみるのもいいと思います!

 

明日のテーマは、井上担任助手による「大学で頑張っていること」です。お楽しみに!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事