夏休みを有意義に過ごすために | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 10日 夏休みを有意義に過ごすために

 

  こんにちは!東京学芸大学1年の山床です。

 

7月に入ったにも関わらず涼しく、過ごしやすい日が続いていますね。

 

今日は、高1、2生の夏休みでやったことについて

お話していきたいと思います。

 

<高1生>

高1の頃は、重要度が高い数学英語を中心に勉強していました。

 

〇英語

夏休みで英語の基礎を完成させようと思い、

マスターをとにかくやりまくりました。

私は、この夏で単語、熟語、文法を完璧に出来たと思います。

まだ、高速基礎マスターの文法まで進んでいない人は、

この夏が勝負です。

どんどん進めていきましょう。

そして、文法まで終わっている人もしっかりと復習し、完璧にしましょう!

 

〇数学

数学は、学校の授業を先取りをするために受講をどんどん進めていきました。

そして、1つ、1つの単元を完璧にするために、

マスターや学校で配られた問題集の2つを使って演習を繰り返しました。

夏は数学の演習量を増やせる良い機会あり、

苦手を克服できるいい機会です。

 

マスターや参考書などを上手く活用し、

数学を得意にしていきましょう!

 

                         <高2生>

 

高2の頃は、主要3科目を中心に勉強をしました。

 

〇英語

私は、高2の6月の模試で点数が伸びなやんだので、

文法問題の演習をたくさん行い、長文を何度も音読しました。

 

〇数学

高1を参照してください。

 

〇国語

主に点数が伸びやすい、古文、漢文を中心に勉強しました。

具体的に古文は、古文単語を覚え、文法を完璧にし、

漢文は句法を覚えました。

 

 

とここまで、勉強について語ってきましたが、

もちろん部活に参加したり、遊びに出かけたりもしました。

 

しかし、部活や遊びに出かけに行くだけで夏休みを終わらせるのは、

ダメだと思い、夏休みに入る前に、

夏休みにやるべきリストを作りました。

 

みなさんも今のうちに計画をしっかりと立て、

夏休みを有効に使えるようにしましょう!

 

 

明日のブログは、濱田担任助手による

「夏休みの思い出」です。

お楽しみに!