夏休みの思い出~濱田Ver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 7月 20日 夏休みの思い出~濱田Ver~

こんにちは!

東京工業大学3年の濱田です。まだ梅雨の時期が続きじめじめしてますね。最近の悩みはいくら寝ても眠いということです。

さて今日は高3生の夏休みの思い出について話していきます。幾分3年前なので鮮明には覚えていませんが覚えてる記憶について語ります。

といっても記憶の半分以上は朝から夜まで勉強してました。なので実際に自分の1日の流れを書きます。

 

6:00 起床

7:00 東進

20:00 下校

23:00 睡眠

大雑把に書くとこんな感じです。昼ごはんは基本食べないでもいけました笑。(例外です)

今回は思い出なので詳しくは書かないですがこれだけ勉強してもそんなに苦ではなかったです。

ですのでここで勉強が苦ではなくなる方法を伝授したいと思います。

①勉強場所を固定しない

東進・図書館・学校の3つで勉強してました。場所を変えると新鮮さが増しはかどります。おすすめは海老名図書館です。

また友達と一緒に勉強したりたまに雑談したりして気分をリラックスするとかなり勉強の苦が緩和します。

②疲れたら暗記科目

よく人間の持続集中時間は60分だとかいわれます。確かに集中力は途切れてしまいますが集中力とやる気は別物です。例えば頭をフル回転させる数学をした後は単語を覚えながら休憩するなどです。脳科学に精通はしていませんが、明らかに使う脳みそが違います。みんなが休憩時間に携帯をいじる時間を暗記する時間に変えられれば同じ時間でもまったく違くなります。是非試してみてください。

明日のブログは向田担任助手による夏休みの思い出です。

お楽しみに!