夏休みの勉強法~九十田ver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 7月 5日 夏休みの勉強法~九十田ver~

 

みなさんこんにちわ!

明治大学農学部1年九十田恵です!

 

みなさん、きっと今絶賛テスト期間ですよね

テストは順調でしょうか?毎日真夏のような暑さに負けてしまいそうになりますが気合を入れて頑張っていきましょう!

 

そして期末テストが終わったら….

そうです!!ついに夏休みが始まりますね!!

 

受験生にとっては耳にタコができるくらい言われている『受験の天王山』がついにやってきます

私には今思い返せば、高校三年間の夏休み、あれやっておけばよかったな~と思うことが山ほどあります。

なので今回は私の失敗談も踏まえまして、みなさんにこんな夏休みを過ごしてほしい!というのを話していきたいと思います。

 

低学年

私は高校1、2年生の夏休みはすべてを部活に捧げていました。東進に通い始めたのも高2の冬からで、それまではまったくもって受験を意識した勉強はしてこなかったんです…

そこで、高校1年生、2年生のうちから東進に通い、頑張っている皆さんには次の2つを意識してほしいなと思います。

 

①オープンキャンパスに行ってみる

昨日のブログで田中担任助手もオススメしていたように、ぜひオープンキャンパスに行ってみてほしいと思います!

ちなみに私は部活だけに全力を注いでいたためオープンキャンパスには行けていません。

高3になって、部活を引退してようやく時間が出来ても、もうその時には勉強しなければ周りとの遅れに追いつけなくて、オープンキャンパスにはいく時間は取れませんでした。

オープンキャンパスに行けるのはなんです!!!ぜひ行ってみてください!

 

②受講・マスターを進める

みなさんは受講、マスターをどれくらい進められているでしょうか?

夏休みは、部活に遊びに、やりたいことがたくさんありますよね、、、

でもせっかく今東進に通っていて、頑張っている皆さんにはその努力をしっかり継続してほしいと思います!

高1、高2から東進で頑張る皆さんは、高3になったときに必ず周りに大きな差をつけることが出来ているはずです!!

(私は高3になったときに周りに追いつくのがとても大変でした。。。)

だからこの夏休み、今までの、今まで以上の努力をしていきましょう!マスターが進んでいない子は、たっくさん時間のある夏休みにジャンジャン進めてしまいましょう!

 

受験生

ついに夏休みが来ますね、、夏休み乗り切れるか、頑張り切れるか、不安に思っている子も多いかもしれません

そこで、受験生には以下の3つを意識してみてほしいなと思います。

 

①睡眠時間をきちんととる・ご飯をしっかり食べる

夏休み、約40日を乗り切るために何よりも大事なことは元気な体でいることです!!

勉強する時間があっても、勉強に取り組める体でなければほんっとに意味がないです!

勉強は大切です。やらなければいけないことも多いと思います。でも睡眠時間を削らないでください。ご飯も食べてください。

そのために事前に夏休みの分を合格設計図をかいて予定を立てているはずです。ですから、計画通り進めていきましょう。やることが多すぎて焦る気持ちもわかります。私もそうでした。でもうるさいようですが、とにかく健康第一なんです。無理はしすぎないでください。

ちなみに、自分で夏休みを振り返って唯一自慢できることは毎日元気だったことです(笑)

 

②基礎を完成させる

私が自分の夏休みを振り返って一番後悔しているのはこれです。

私は理科科目に関して、基礎が完成していない状態で過去問やらなきゃ!とばかり焦ってしまって、過去問を進めてしまいました。

結果、過去問の点数は一向に伸びないし、8月模試でも目標突破どころか大失敗でした。

そこで8月模試を受けて担当の社員さんと面談をして、もう一度理科の基礎を徹底的にやり直そうということになりました。

周りは志望校別の対策に入っている中、私は基礎のやり直しでした。結果、10月の模試では無事に点数を上げることが出来ました。

 

つまり、今の私の経験談からわかるように、とにかく基礎が大事なんです!私は9月の時点で周りに遅れを取ることになりました。ですから皆さんには私のようにならないためにも、苦手な科目はとにかく基礎を完成させてほしいなと思います!

ちなみに、数学は夏休みにひたすら計算演習を行って8月模試で点数を上げることが出来ました。基礎、大事です!!!

 

③計画通りに進める

これに関しても私は後悔していることがあります。

みなさんも経験することがもしかしたらあるかもしれませんが、過去問を始めていくと、「うわっ、どうしよう、全然出来ないじゃん。」と焦ることがあるかもしれません。

私は英語以外ほとんどその気持ちを味わいました(笑)

そこで私は「どうしよう。このままじゃ足りない、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」とあらゆる参考書に手を伸ばし、どれも中途半端なまま夏を終えてしまったのです。本当に無意味な時間の使い方をしてしまったなと後悔しています。

もし私のように焦って「どうしよう、どうしよう」となってしまった人は、まず落ち着きましょう。

過去問を解いてなれてくれば点数が上がるものもあります。そのパターンではなさそうだなぁと思った科目は、しょうがないです。基礎頑張りましょう。(笑)

基礎に戻るうえで私がおすすめするのは、学校の教科書です。これは個人的な意見なので自分に合うものがあるならそれでいいと思います。

教科書を進める理由といたしましては、センター試験は教科書の範囲内から出題されるのです。だから私は教科書を受験期の最後の最後まで使っていました。

とにかく言いたいことは、焦っていろいろなものに手を付けるのはだめです。なるべく計画通りに、計画通りに進めていても上がらなそうだというときは何か一冊参考書、あるいは問題集を決めてやりきるのが良いと思います。

後は、焦ったときには、学校の先生なり、社員さんなり、担任助手に相談してみるのも一つの手ですよ!

 

最後に、部活を頑張っている受験生

私は夏はもう引退していたので皆さんの大変さは計り知れませんが、とにかく自分が頑張れる限り頑張り切りましょう。

部活もあってでも勉強しなきゃいけない、そんな状況に負けそうになるかもしれません。

新百合ヶ丘校には夏に部活をやりながらも乗り切り、志望校に合格した先輩がいらっしゃいます

その先輩に声をかけるのも良し、そんな先輩もいるんだと前向きに頑張るのも良し。

 

周りの受験生に負けじと、前向きに全力で頑張っていきましょう!

 

以上にて、私のこの度のブログを終わりにしたいと思います。とっても長いのを最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

明日は外山葉月担任助手によるおすすめの夏休み活用法です!

気になりますね~!明日も読んでくださいね!!