受験生の1日 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 5月 28日 受験生の1日

 

みなさんこんにちは! 青山学院大学文学部2年の江良です!

今日は私が受験生時代をどのように過ごし方を紹介しようと思います!

 

私は高2の3月に東進に入ったので今の時期は通期講座と講習講座の受講に追われていました笑

おそらく70コマぐらい残っていたと思います。

それでも6月には受講をすべて終わらせることができました。それはなぜでしょうか?

 

まず1つ目は平日1日2コマ以上、土日は3コマ以上を心がけることです!平日2コマは厳しいと思うかも知れませんが、部活が19時に終わったとしても20時からの7限には間に合います。東進で1コマ、自宅で1コマ受講すれば1日2コマは可能です!

 

2つ目はなにか一つでも東進でのモチベーションを作ることです!私の場合はそれは向上得点でした。ちょうど6月からは努力の天才プロジェクトも始まるので周りの勉強量に負けないようにみなさんも頑張っていきましょう!!

 

枕草子のような入りになってしまいますが「夏は過去問」です!せっかく東進に入って早めに基礎が終わったのに、過去問を始めないのは時間がもったいないです。私自身も7月にはセンター過去問10年分を解き終わり、大問別演習という演習講座をひたすらに解いてセンターレベルの苦手を潰していました。

8月中旬には第一志望校の過去問を始めて10年分を解きました。過去問は第一志望は最低10年分×2、受験する大学は最低でも5年分は解きました!過去問は敵を知るために必須のツールなので妥協しないで解くことをおすすめします!

自分は1日2科目解いて解答と同じ時間ぐらい復習に当てて、残りの時間は単元ジャンル別演習などの演習ツールを使って苦手の克服を徹底的に行なっていました!

 

上に書いたように受験生は過去問や演習がとても大事になってきますが、時間を決めずにやってもグダグダしてしまいます。1日の計画をしっかりと立てておいて、時間を上手に使うことが受験の勝利への近道です!

天井高く頑張っていきましょう!!

 

明日のブログは原田担任助手による大学学部紹介です!お楽しみに!!