受験生の皆さんへ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2023年 1月 4日 受験生の皆さんへ

こんにちは。明治大学情報コミュニケーション学部3年の古川です。

 

皆さんは年明けをどのように過ごしましたか?

私は久しぶりに地元の友人と会いました。

中にはすでに就職し社会人になっている人もいて、

「お前将来何するの?」

と聞かれたとき、とっさに答えることが出来なかった自分に

驚いたんだよね。

 

言うなれば少し情けなかったです。

なので、私の今年の目標は、

「暫定の人生目標を決める」

に、しました。

今まで向き合ってこなかったことにしっかり向き合い、

就活もキャリアの計画を立てて頑張りたいと考えています。

皆さんの今年の目標もよければ教えてください!

 

さて、今日のテーマは「受験生への応援メッセージ」です。

私が受験生だったのは3年前なので、

「受験生時代に聞きたかった話」

みたいなものはできないかもしれません。(もう気持ちが思い出せないです笑)

 

ですが、皆さんの3年先を生きて

酸いも甘いも知らない私から

先輩としてメッセージを送りたいと思います。

 

それは、

努力が報われるかどうかは受験本番まで分からない

ということです。

 

当たり前じゃ。という感じでしょうか。

ですがこのことは改めて知ってほしいです。

それは、受験には運もつきものだからです。

 

どこかで話したことがあるかもしれませんが、

私は受験生の時、明治大学の試験を受けた際、

現代文の問題で、1か月くらい前に解いた文章と全く同じ文章が出題されたことがあります。

穴埋め問題などもすぐ解くことができ、そりゃ合格でした。

当時は、本当に運が良かったなとだけ思っていた気がします。

 

このような受験の話に限らず、

そもそも人生は運の要素があって不平等ですよね。

生まれ持った先天的な能力や

育った後天的な環境などで

17から18年ほど生きてきた皆さんの人生は

一人一人違ったものであると思います。

そのため嫌な言い方かもしれませんが、

ちょっとの努力で合格を勝ち取る人がいることもまた事実です。

 

それでも、自分の人生を決めるのは皆さんです。

そして、自分の運を努力で変えることが出来るのもまた皆さんしかいないのです。

 

努力が報われるかは受験当日まで分かりません。

今日解いた問題が受験本番で出ることもあるかもしれません。

だからこそ、目の前のことに挑み続けるしかないのではないでしょうか

 

最後に、これは今はピンと来ないかもしれませんが

努力できる自分になることができる、

それだけでも受験には大きな意味があると思います。

何かに本気で向き合って、試行錯誤して、取り組んだ経験のある人は

大学でも、就活でも、そしてきっと社会人になっても

めちゃくちゃ強いし何よりカッコいいです。

皆さんには受験を通じてそんな人になってほしいな、と思っています。

 

自分の努力を信じて、頑張れ受験生!応援してます!

 

明日のブログは担任助手による「数学の成績を伸ばすための勉強法(低学年向け)」です。

是非明日も読んでみてください!

明日の自習室使用予定:終日使用可能