受験生の夏休み明けの過ごし方 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 8月 30日 受験生の夏休み明けの過ごし方

 

こんにちは!明治学院大学2年生の山下奈々花です!

 

8月も残り2日になり、新学期が始まった人もほとんどだと思います!

受験生の皆さん、夏休みは後悔のないように勉強できましたか?

 

もっと勉強できたな、、と思う人がいれば、残りの受験生活で悔いが残らないよう、新学期から一層頑張りましょう!

 

 

さて、今日のテーマは夏休み明けの1日の過ごし方ということで書いていきたいと思います!

 

まず、学校が始まったら、夏休みに比べて自分で自由に勉強できる時間が減ってしまうと思います。

なので、いかにスキマ時間を大切にするかが重要になってくると思います!

 

 

例えば、授業と授業の間の10分休みに単語を覚えたり、少しでも問題を解いたりすることができたら、その積み重ねで他の受験生に差をつけることができると思います。

 

私が夏休み明けから実践していたこととしては、2限と3限の間でお昼ごはんを早弁して、昼休みに図書室で勉強していました!

 

昼休みは45分くらいあったので、その時間で大問分野別演習単元ジャンル別演習などを進めていました。

 

10分休みに勉強するのもいいと思いますが、まとまった勉強時間を確保して集中したいという方には、このような方法もいいと思います!

 

学校が始まったら夏休みに比べて思うように勉強時間が確保できなくなってしまうかもしれませんが、自分で勉強できる時間を見つけていって、自分が他の受験生よりもたくさん勉強するんだ!という強い気持ちを持って頑張っていきましょう!

 

 

明日のブログは松田担任助手による「夏休み明けの1日の過ごし方」です!お楽しみに!