受験本番までのスケジュール・私立文系の男 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 1月 21日 受験本番までのスケジュール・私立文系の男

こんにちは。明治大学情報コミュニケーション学部2年の古川です。

2月に近づいてより一層冷えますね、、この時期風邪をひいたりしたらいろいろ大変です!

オミクロン株の流行もすさまじく、

大学もテストがレポートに代わる教科が増えてきました。

体調管理はしっかりしていきましょう。

 

さて、本日のテーマは「受験本番までのスケジュール」ということで、

早速書いていきます!

 

私は第一志望校が私立の文系で、日程が2月の後半だったため、

その1か月前、2週間前、1週間前という

3つの段階に分けて、主にやっていたことを書いていこうと思います。

 

1か月前

1か月前はちょうどセンター試験があったころでした。

私はセンター試験の成績が、得意科目が落ち込み

苦手科目が伸びるという

少し想定から外れる形でした。

そのため得意科目も苦手科目も

切り替えてセンター試験の復習はほどほどに、

二次の対策からはじめました。

具体的には

過去問を1年分と

単元ジャンル演習を

中心にやっていました。

 

共通テストが振るわなかった人には

参考にしてもらい、二次私大に向けて

切り替えていきましょう。

 

2週間前

2週間前からは第1志望以外の入試が始まりました。

ここで意識していたことは、

どの大学の入試を受けるにしても

必ず翌日受ける大学の過去問を解くこと

そして

受けた大学の問題を復習することです

 

入試をいくつかこなしていく中で、

その年の傾向や取り上げられる社会問題などが

似通ってくることがあります。

また、入試は自分の思いもしなかった弱点などを

浮き彫りにしてくれます。

 

ここまで来たら新しい知識を入れることよりも

今まで自分が身に着けてきた知識の復習と、

自分の気づいていなかった弱点や

覚えきれていなかった単語などを

入れることに集中するようにしていました。

 

1週間前

1週間前では、センター利用の結果や

早めに受けた入試の結果が出ていて、

あとは第一志望校の入試を

控えるのみとなっていました。

まず入金期限などをしっかり確認し

第一志望以外の大学をキープしておく

ことは忘れずに行いましょう。

 

勉強面では、

やることは変えず、

新たな知識を入れるよりは復習メインにし

過去問などで

抜けている部分を復習するように

心がけていました。

 

第一志望校の受験というのは

今までの受験とは全く違う緊張感があります。

 

今まで受けた入試結果などで

気持ちが不安定になっていることがあるかもしれませんが、

おそらく一番時間をかけてきた大学の入試を

ぜひ楽しんできてください!

 

明日のブログは、尾辻担任助手による「受験本番までのスケジュール」です!

今日と同じテーマなのでお楽しみに!!

 

明日の自習室使用予定:終日使用可能