受験勉強をしていて楽しかったこと | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 9月 7日 受験勉強をしていて楽しかったこと

 

 

 

こんにちは! 青山学院大学国際政治経済学部1年の大塚葵依です。

最近少しづつ涼しくなってきましたね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さんお気を付けください。

 

本日のブログテーマはリクエストを頂いた「受験勉強をして楽しかったこと」です。

 

1.自分の成績が上がった時

単純に模試成績が上がった時勉強がとても楽しいなと思っていました。

半年で点数が1.5倍にもなってとても達成感を感じました。

私はよく言う優秀生徒ではなかったためとても底辺からのスタートでした。

普通の生徒なら知っている”常識”というものでさえ全く解けなかったのを覚えています。

そんな私にスイッチが入ったきっかけは退部です。

今まで行くのが少し億劫だなと思っていたものが自分からなくなって初めて幸せな場所であったことを実感しました。

自分がやりたいことを楽しんでいる人たちに学力だけは負けたくないという思いで必死だったのを覚えています。

尚更学校内のテストで一桁を取ったときはとても達成感を感じました。

勝手にライバル視をしていたことは自分を奮い立たせるいいきっかけになりました。

 

2.合格した時

なんといっても合格した瞬間が一番幸せでした。

私はディズニーシーで合否を見たのですがビックサンダーマウンテンに並んでいる間、冷や汗が出るほど緊張していました。

受かると信じていた半面受からなかったらどうしようという不安に駆られていました。

合格という文字を見た瞬間は今までの苦労が吹き飛ぶほどうれしかったのを覚えています。

結果がすべてではないのは事実ですが結果が自分の努力を反映する一つの判断材料にもなります。

一つオススメするのはディズニーでは合否は見ない方がいいと思います^^

家族含め自分の周りの人たちが心から喜んでくれていたのがとてもうれしかったです。

 

やはり振り返ってみると合格が一番楽しかったというより幸せな瞬間だったなと思います。

3月に幸せな春休みを過ごせるかどうかは今の自分次第です!

根気強く頑張りましょう!!!!!

 

 

明日のブログは「単元ジャンル別演習」の進め方です。

東進ならではの貴重なシステムを使いこなすには必見の内容となっています!

お楽しみに!