前日の過ごし方が模試の成功のカギ!? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 24日 前日の過ごし方が模試の成功のカギ!?

こんにちは!

慶應義塾大学環境情報学部1年の高瀬立樹です!

テストの時期ですね!前回のブログで定期テスト対策について書きましたが、結果はどうでしたか?

定期テストもしっかり頑張って、東進の勉強にも弾みをつけましょう!!

 

さて、今日のテーマは「前日の過ごし方が模試の成功のカギ!?」ということで、模試の前日の過ごし方について話していきたいなと思います!

 

皆さんは、模試の前日の過ごし方を考えたことがありますか?

実はあまり考えたことはない、という人もいるのではないでしょうか。

 

アスリートは、大会や試合の前日にはいつもと練習を変えたり、ストレッチをしたりしますよね。

もし、アスリートが大会の前日にゲームを夜中までやっていたり、激しい練習をしていたら、どうでしょうか?

 

なかなか勝てませんよね。

 

模試も全く同じです!模試は今まで勉強を頑張ってきたみんなが、学力を競う試合のようなものです。

 

しっかりと模試で力を発揮するために、前日の過ごし方も見直してみましょう!!

 

①荷物確認!!

模試では、忘れていけないものがありますよね。

筆記用具はもちろん、腕時計やマークシート用の鉛筆など、模試で使うものもあります。

当日の朝になって焦ったりしないよう、前日から準備しましょう!

チェックリストを作ってみたので、模試の前日に確認してみて下さい!!

 

チェックリスト

  • 筆記用具
    • シャープペンシル
    • 鉛筆(B)
    • 消しゴム
    • 鉛筆削り
    • 鉛筆の予備
  • 時計
  • 昼ご飯
  • 交通費
  • 雨具

など!

 

②テスト前、最後の復習!

荷物準備が終わったら、テストの復習をしてみましょう。

自分の苦手なポイントや、社会科目や英語の単語などの暗記系は、前日に取り組むと効果あり!!

積極的に復習して、完璧な状態で臨もう!!

 

③キモチの準備

二カ月に一度のセンター模試、結果が出せるか不安な人もいるはず。

逆に、まだまだ全く緊張してないという人もいるかもしれません。

センター模試は、本番の入試の予行演習!前日から本番の入試に取り組む気持ちをつくってみましょう!

当日の自信がきっと違うはず。

 

④早く寝る!!

もう、これにつきます。これを23時以降に読んでいる皆さん、早く寝ましょう。

前日に夜更かしして勉強しても、人は成長ホルモンが分泌される23時ほどに寝ることで記憶を整理するので、なかなか覚えることは難しいです。

それどころか、体の免疫を下げて体調を崩しかねません。

さらに、睡眠不足状態では、集中力の維持が難しく、自分の思っている以上にパフォーマンスを発揮できません。

 

みなさん、テストの前日は、早く寝ることを心がけましょう。

前日にしっかりと寝るために、一週間前ぐらいから早く寝るようにしましょう!!!

 

はやく寝ましょう!!!!!

 

 

しっかり守って前日を過ごせば、完璧なパフォーマンスを発揮できます。

今まで頑張った分を100パーセント発揮して模試を大成功させよう!!

 

明日のブログは伊原担任助手の、「模試の前日の過ごし方」です。

お楽しみに!!