冬休みの過ごし方(受験生ver) | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2019年 12月 18日 冬休みの過ごし方(受験生ver)

こんにちは!

慶應義塾大学法学部2年の田中です!

 

2019年もあとわずかになりましたね!

皆さんやり残したことはありませんか?

今日、私は年内最後の散髪に行ってきました。

年末はどこも混雑しやすいので今のうちに行っておくべきですよ!

 

 

さて今日は「受験生の冬休みの過ごし方」について紹介していきたいと思います!

 

 

過ごし方その①:死ぬほど暗記系をやるべし!

センターまで今日でちょうど1カ月となりました。

直前期に伸びやすいのはズバリ暗記系の科目です!

今思い返してみれば、冬は暗記系をとにかくやり倒していました。

英語や国語などのじっくり伸ばす型の科目より、暗記科目の方が得点UPに即効性アリです!

しかし各科目の力配分は各個人の状況によって異なるので、参考程度に捉えていただければ幸いです。

 

 

過ごし方その②:メリハリをきちんとつける

冬休みに入ると学校もないため一日中東進で勉強する日が多くなると思います。

食事などで休憩をとることがあると思いますが、この休憩をぜひ有効活用してほしいです。

私は受験生の時ご飯を食べた後は、部屋が暖かいのも相まって必ず眠くなってしまい勉強に身が入りにくいタイプだったので食後は必ず1時間は机に突っ伏して寝るようにしていました。

勉強に大事なのはなにより「効率」です!!

直前期で焦っている人も「急がば回れ」ということわざがあります。

賢く勉強することで合格にグッと近づきます。

 

 

ぜひ参考にしてみてください!!

 

 

 

明日のブログは九十田担任助手による「冬休みの過ごし方(低学年ver)」です!

明日もお楽しみに。