人間が集中を継続できる時間は○○分!? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 6月 10日 人間が集中を継続できる時間は○○分!?

こんにちは!中央大学文学部1年丹野愛果です!

最近暑くなってきましたね、、、。室内で過ごしていても、熱中症になってしまうこともあるのでちゃんと水分補給はしましょう!!

さて、今回はオススメの勉強方法を教えていきたいと思います!

皆さんは勉強しているときに、定期的な休憩をしていますか?

実は、人間が集中を継続できる時間には限界があるんです!人間が集中を継続できる時間は、およそ90分といわれています!だから、効率の良い勉強をするためには、定期的な休憩が大事になっています。

では、その大事な休憩方法を2つお伝えしていきます!

①歩く!

ずっと椅子に座ったまま勉強していると、血の巡りが悪くなって、逆に疲れてしまいがちです。しかし、5分ほど歩くことで血の巡りが良くなり、程よいリフレッシュになります!わたしが受験生だったときはトイレに行ったり、階段を上がり下がりしていました(笑)

 

②眠かったら寝る!

受験生が昼寝なんてしちゃだめでしょ!と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、眠いままなんとなく勉強していたらまったく頭に入りません。。。思い切って昼寝をしてみましょう!ただ、20分以上の昼寝は長すぎるので避けましょう。わたしの場合は(今13:00だから、13:05には絶対起きる!)と頭の中で念じて、時計を握り締めながら仮眠していました。頭の中で念じると不思議なことに起きることができるんです!

 

今回は以上の二点の休憩方法をお伝えしました!人によって合う合わない休憩方法があるので、いろいろ試してみましょう!自分に合った休憩方法があるはずです!!^^

明日のブログは久保担任助手による「オススメの休憩方法」です!

お楽しみに!!