二次私大の過去問復習法! | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 9月 11日 二次私大の過去問復習法!

 

みなさんこんにちは!担任助手3年の丹野です!

昨日は中秋の名月。満月がとても綺麗な日でしたね!

そして今日は風が涼しくて秋の始まりを予感させます^^

まだまだ残暑も続くかもしれないですが、体調管理に気をつけて秋を迎えましょう^^

さて、今日は受験生のみなさん必見!二次私大の過去問復習方法についてお話したいと思います!

 

受験生のみなさん、共通テスト対策の過去問は10年分終わらせていますか?

ほとんどの受験生は第一志望の二次私大過去問に取り掛かり始めています。

二次私大を解いてみたみなさん、手ごたえはいかがでしょうか。

私が受験生のこの時期に過去問を解いた時は、共通テスト形式とは違って記述があったり、英語の長文がハードだったりと難しく、手応えなしと言ってもいいほどでした。

点数が30点ほどしかとれなくてとても落ち込んでいました。

しかし、当時私の担当になってくださっていた担任助手の方が、

今は問題傾向を知るだけで十分だし、まだ点数にこだわらなくで大丈夫」とアドバイスしてくださりました。

そうなんです。

今こだわるのは点数ではなく、傾向の分析なのです。

無事に受験を終えて大学生になることができた今、そう思います。

そこで、傾向を分析するような復習が大切になってくると思います。

「二次私大の英語は難しいから、片っ端から訳して理解する」そういった復習をしている受験生もいるのではないでしょうか。

決して間違った復習方法であるとは言わないですが、そのような復習方法だと時間がかかり、もったいないです。

 

 

そこで伝授!効率的な二次私大過去問の復習法(私文編)

・英語

英語はまず大問がいくつあるか、長文はどのくらいあるのかを数年分解いて分析しましょう。

そして穴埋め問題や正誤問題、整序問題のレベル感を把握しておきましょう。

長文に関しては、片っ端から訳すのではなく、何となく全体感がつかめていれば良いです。

しっかり理解するのは本番では厳しいものがありますし、二回目を解くときに内容を覚えてしまっているかもしれないので、全体感の把握程度がベストです。

・国語

まずは現代文ですね!現代文は合っていた箇所は、考え方や根拠が合っていたかを確認しましょう。

間違っていた箇所に関しては、解説を読みこんで、根拠となった箇所をしっかり確認し、どうして間違えたのかを確認しておきましょう。

次に古文です。古文はまず作品の時代を把握し、いつごろのお話なのかを見ておきましょう!

読み取りは現代文同様に確認。単語の意味や敬語、助詞が出てきた場合には念入りに確認しましょう。

そしてくりかえし音読などをして暗記をするのが良いです!

漢文に関しては、返り点を理解し、書き下し文に正しく出来たか、助詞・助動詞の抜けが無いかを確認しましょう!

もし忘れていたら暗記!

・日本史

私は日本史選択だったので日本史の復習方法をお伝えします!

日本史は正誤問題が複雑であったり、記述があったりしますよね!

正誤問題では、時代なのか出来事を間違えたのかを確認しましょう。

時代であれば流れが抜けているので教科書やなぜと流れが分かる本など参考書を確認しましょう。

出来事を間違えていたのであれば、一問一答などで確認しましょう!

記述では感じが思い出せなかった場合は何回か書いて覚えるようにしましょう!

 

以上のように、これらが全てではないですが、二次私大過去問の復習方法をまとめてみました!

ご参考になれば幸いです。また、自分なりの復習方法もあると思うのでいろいろ試してみるのもおすすめです!

 

明日のブログは馬嶋担任助手による「この時期の一日の勉強スケジュール」です!

お楽しみに^^

 

 

自習室使用予定:終日使用可です!