二次で点数とるには、生物のプロになれ! | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 9日 二次で点数とるには、生物のプロになれ!

 

みなさんこんにちは!日本大学生物資源科学部3年向田優子です!

二次私大対策進んでいますか~?

復習に時間をとられたり、目標点突破が難しかったり、苦戦している人も多いと思います。

今回は二次私大対策~生物編~をお伝えします!

計算問題を得意にしよう!

生物選択の方は「生き物が好き!」「暗記が苦じゃない!」という気持ちで勉強していると思いますが、そんな中多くの方が苦戦するのが計算問題です。

生物の計算問題といえば

・エネルギー計算

・遺伝子計算

が多いと思います。

特に遺伝子を二次では頻出ですし、範囲も多く演習が難しいかもしれません。

 

私の対策方法は東進の生物攻略~計算編~の受講です!

この受講は5コマ×3シリーズで生物の細かな計算問題を習うことができます。

受講の中で演習もでき、テキストに附属の問題でさらに演習できたため、この受講1つで対策ができました。

 

二次私大に計算は頻出です。多くの受験生が諦める場だからこそ、差をつけるためには点を取りたい項目です!

 

資料集並みの知識をつける!

次に、二次私大の勉強をするうえで意識しておきたいことは、「生物のプロになる!」「資料集並みの知識をつけてやる!」という気持ちです!笑

 

例えば、ミツバチの生殖や干潟の役割といった内容は実験問題に出ることがありますが、事前に知識があると解けると思います。

 

二次私大では「こんなことしらないよ~!」と言いたくなる問題がでることがあります。

ですが、それは過去問で対策できるのです!

実際に、私が解いたとある国立大学の過去問が、センター本番に似た問題として出題されました。

 

どんな勉強をするときでも「もしかしたらこんな細かいことまで聞かれるかも知れない、、、」という気持ちを持ち、生物のプロを目指してください!

 

最後に

二次私大対策で点数がとれなかったとしても、大切なのは過去問の数をこなすことだと私は思います。

実際に大学の先生が作った問題を多く触れてみてください!

 

明日のブログは森永担任助手による二次私大対策~数学編~です!

森永担任助手は現在数学科に進学しているんですよ!お楽しみに!