レベル別!今やるべき英語学習!! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 4月 22日 レベル別!今やるべき英語学習!!

みなさんこんにちは!!

早稲田大学国際教養学部2年

佐藤たかひこです!!

コロナウイルスの影響で最近大好きなラーメンを食べられず苦しんでいるのですが、

その代わりに家で料理をするようになり日々おいしいものを研究しています!!

さて本日ですが、

私が今の時期にどのような英語の勉強をしていたのか。

今の時期に英語は何を対策すればいいのかを基礎(マスト)と上位向け(早慶)

のレベル別に分けて説明していきます。

基本的に受験生向けになっていますが、

低学年でも基礎編であればやっていけると思うのでぜひ参考にしてみてください!

1.基礎編

2.応用編

3.体験談

 

1.基礎編

このパートは全受験生向けです。

特にまだ英語の得点が伸び悩んでいる(模試で半分未満)、

英語嫌いだよと言う受験生は必見です!

まず英語の基礎ができてない人がやるべきことは単語熟語文法この3つです。

単語や熟語といった知識がなければ文章の意味をとることができません。

また、文法のような英語の運用ルールを知らなければ例え細かな知識を知っていたとしても、

文章を適切に読みとることができません。

つまり、英語の得点を上げるには目からうろこの裏技や小手先の技術に頼るのではなく、

単語熟語文法の基礎的な力をつけなければいけません。

そのために何をやるのかというとマスターです。

まず、マスターが完全修得できていない受験生はこの春休み中に早急に終わらせましょう。

低学年はまだいいやと思うのではなく、今の時期に終わらせましょう。

あえて厳しいことを言いますが、

今の時期に時間が無いからできないといっていては学校が始まってから出来るはずがありません。

今ある時間を有効活用して計画的に進めましょう!

次にマスターを完全修得している受験生低学年。

マスターをたくさんやってください。

たくさんってどれぐらいだろうとなると思いますが、

最低限の目安としては単語、熟語共に一日100トレーニングやってください。

毎日単語と熟語を触ることで最低限の知識の漏れを防げます。

この合計200トレーニングは慣れれば10分もかからずできるでしょう。

この単語熟語を毎日できるかどうかが今後の英語力の伸びにとても影響するのでぜひ取り組んでください!

また、文法ですが、マスターを繰り返したくさんやるのは大変だと思います。

なので、学校で購入した文法の参考書または自分の参考書(ネクステ、ビンテージ、パワーステージなどなど)を繰り返しといてください。

このときのポイントは解説を熟読の上で問題を解いてください。

解説を呼んだ後に問題を解くことで、自分が本当に文法の知識を理解して、運用できているのかを確認できるので

ただ解いて終わることがないようにやっていきましょう!

2.応用編

ここからが早慶を目指している、もう英語はできるよという生徒に向けて話をします。

簡潔に言うと、とにかく演習をしましょう。

私は英語を得意教科としていたのでこの時期には基礎をやりながら、演習に取り組んでいました。

東進の講座の復習を音読でしたり、また市販の長文の参考書や過去問を一日一題は必ず解き、毎日英語に触れることを意識していました。長文のレベルはなんでもいいです。あまり背伸びをせずに自分の実力より少し上ぐらいのもの、正答率で言うと半分はできるかなぐらいのレベルを選んでください。

大切なことは毎日長文に触れて英語の感覚を高めていくことです。

まだ時期的に演習は早いかなと思わなくていいので、とりあえずがつがつ演習していきましょう!!

 

3.体験談

私の話を少しすると、私はこの時期すでに過去問を解いていました。

3月末までに早稲田の教育や商であれば合格最低点を取れるぐらいの力がついていました。

4月からはセンター過去門や私大のマーチの過去問を中心により実践的な少しレベルの高い問題を解きすすめていました。そのため、英語は毎日の日課(鉄壁、解体英熟語、英頻、英検の単語帳)と過去問(長文)だけですみ、残りの国語と日本史に多くの時間を割くことができました。

英語は得意なものをさらに得意科目に、国語と日本史は苦手なものをできるように勉強時間を使うことができたので、秋に行なわれる早慶オープンでは得意な英語が偏差値65前後、苦手な国語が50前後、日本史が70で早稲田大学国際教養学部志望の中では10%の中に入り、B判定でした。

そしてその後の本番では早稲田大学は国際教養学部含む3学部に無事合格することができました。

 

このように英語を早期完成させて、この時期から英語の演習を積み重ね他教科に時間を割くことが出来れば、

早慶であれば合格する可能性が大きくなります。

今からでは間に合わないと考えるのではなく、

今からなるべく早く基礎を完成させて演習に入れるように勉強していきましょう!!

 

明日のブログは北原担任助手です!お楽しみに!!