テスト勉強のために受験勉強できないは言い訳 | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 12月 3日 テスト勉強のために受験勉強できないは言い訳

みなさんこんにちは!!

早稲田大学国際教養学部2年

佐藤尭彦です!

最近急激に冷え込んできましたね。

我が家では今年もこたつが出てきて、

こたつのぬくもりを感じながら日本に生まれてきて良かったとしみじみ感じてます。

ここから受験生にとっての一番の課題は体調管理です。

病は体の冷えからくることがとても多いです。

受験の際に最大限のパフォーマンスを発揮できるように

「体調管理」

も頑張っていきましょう!!

本日のブログのテーマですが、

本日は「東進と学校の両立方法」です。

最近学校の定期試験の時期になり、試験勉強に追われ

東進の勉強がおろそかになっている方も多いと思いますのでぜひ参考にしてください!

 

佐藤尭彦の例

部活もぜずにずっと勉強していたと思われがちなのですが、実は部活生でした。

麻生高校テニス部に高3の6月まで所属していました。

意外と部活はちゃんとやっていたほうで、週6で

高1から最後までずっとシングルスのレギュラーで試合に出続けました。

なのでめちゃくちゃ勉強時間が確保できたわけではありませんでした。

東進の勉強と学校の勉強両方を継続的に両立することができなかったので、

日ごろは東進の勉強に集中し、

テスト前に学校の勉強を本気でやるといったかたちでした。

日ごろの東進の勉強は基本的には

毎日登校毎日受講

でした。

部活が終わるのが毎日19:00で

そこから東進まで自転車で来て7限からの受講を受けて帰る。

これが私の平日ルーティーンでした。

休日は午前か午後どちらかに部活があるのがノーマルだったので、

午前練の日は練習後の午後から東進で勉強。

午後練の日は練習前の午前に東進で勉強。

といった感じで毎日東進に来て勉強でした。

そして学校の勉強はというと、高1、2年生のときは

テスト1週間前から本気でテスト勉強をするようにしていました。

学校の勉強はあまり好きではなかったのと、

私大志望で全教科受験に必要ではなかったので

理系科目などはテスト前の部活動が休みの期間に一気にやりました。

一般受験では高校の評定は関係ないですが、

学校のテストもろくに取れず評定低いけど

早稲田目指していますというのはどこか矛盾していますし、

純粋にかっこ悪すぎますよね。

特に私は麻生高校だったのでそのレベルで1番になれないのに

早稲田、MARCHなんて無理だろと思っていました。

なので、早稲田にも受かるけど高校でもトップになってやると思い

毎回の定期テストはがんばっていました。

そして受験生のときは低学年とは違い、

学校の科目がほぼ受験科目に絞られていたので

ほぼテスト勉強をせずにテストに望んでいました。

極論なのですが、受験勉強で先取り学習をしてしまえば

学校の勉強には普通に対応できると思います。

テスト勉強のせいで受験勉強ができない状態にするのではなく

受験勉強のおかげでテスト勉強をしなくてもいいようにしていきましょう!!

明日のブログは山下担任助手による「冬休みの過ごし方」です!

お楽しみに!!!