やりたいことがたくさんあるキミへ・古川の第一志望の決め方 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 6日 やりたいことがたくさんあるキミへ・古川の第一志望の決め方

こんにちは。明治大学情報コミュニケーション学部の古川です。

寒いですね、、。着々と冬が近づいている感じがします。

 

さて、本日のテーマは「第一志望の決め方」ということで、

さっそく書いていきたいと思います。

ところで、今月はこのテーマで書いている人が多いので、

ぜひ他の担任助手のブログもちぇっふしてみてください。

国立文系・田邊さんのブログ

私立理系・中臺さんのブログ

国立理系・近藤さんのブログ

 

中臺さんは夏が好きらしいですね。

私は極端な気候は好きではないのでが好きです。

それでは本題に入ります。

 

突然ですが、みなさん、

やりたいこと」、ありますか?

私は志望校を決めなければならないときになっても、

やりたいことが決まりませんでした。

法学や商学、心理学など、なんとなく興味のある分野はあったのですが、

どれも「それを専門に学びたい!」と決め切れるほど本気ではなく、

またどれかを諦めることもできず、

本当に優柔不断でした。

 

そんなことを社員の方に相談したところ、

二つの学部を紹介していただきました。

それが、私の第一志望と第二志望になった、

「早稲田大学社会科学部」と「明治大学情報コミュニケーション学部」です。

 

この二つの学部におけるキーワードは学際的」です。

学際的とは、学問や研究が複数の異なる領域にまたがっていることを言います。

社会科学部であれば、法学や商学などの社会分野、

情報コミュニケーション学部であれば、社会系に限らず、

心理学や科学系など人文、自然の分野まで学ぶことが出来ます。

 

学部紹介のようになってしまいましたが、このように満遍なく学ぶことができる、

ということから私は第一志望を決めました。

学際的な学びが出来るほかの学部として、

「早稲田大学教育学部複合文化学科」、「青山学院大学社会情報学部」

などがあります。

 

正直言うと、これらの学部の存在も概要も

教えてもらうまで知りませんでした。

この経験から私が伝えたいことは、

「志望校はみんなと相談しよう!」

ということです。

誰かが持っている情報が、

自分の最適な志望校になりうるかもしれません。

迷っている人は一人で考えずに相談してみましょう!

 

明日のブログは森永担任助手による、「モチベーションの保ち方

です!お楽しみに!

明日の自習室使用予定:終日使用可