なんで、私が東進に? | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 7月 15日 なんで、私が東進に?

最近は日が伸びてきて6.7時ぐらいになると綺麗な夕焼けが見えるのが夏のいいところ

だなぁって思いながら、この暑さを忘れようとしています。
みなさんはなにか日常に小さな楽しみはありますか?
今日のブログテーマは「私が東進に入った理由」です!
少し私自身の話をすると、中3の学校での三者面談において「このままだと浪人だよ」と
当時の学校の担任の先生に言われ焦りを感じたことに加え、サッカー部の他の同期が比較
的頭が良かったこともあり、「私も勉強しなきゃ」と思い、高1になる前の春休みに塾探
しをはじめました。

左脳

駿台や、早稲アカなど東進以外にも様々な塾の体験をしましたが、私は週6のサッカー部
に所属しており、サッカー部の活動を犠牲にしてまで勉強をするのは違うなと思っていた
ため、部活生でも通える東進にしたというのが1つ目の理由です。
さらに、私は中学時代勉強をしてこなかったこともあり、最初は勉強する事自体やり方も

わからずな状態でした。
しかし東進のように自分の学力に合う講座主体的に決定することが出来、それを自分が

決めたペースで進められ、自らが主体的になって勉強できるというのが2つ目の理由です。

右脳

しかし1番の私が東進に入る決め手となったのは当時面談をしてくださったある担任の

社員さんでした。
初めて東進で三者面談をした際に、何もわからない状態の私に対して1つずつ丁寧に教え
てくださり、私自身に親身になって話をしてくださったので、私はもちろん今まであげて
きた理由もありますが、直感的に「東進に入る!」ということを三者面談のタイミングで
決めました。


最後に

私がなぜ東進に入ったのかを話してきましたが、これは他のことにも言えると思う

のですが、理由はあとからつけることができます。
なので結局物事は論理的確に決めるのではなく直感的に決めるものなんだなと私は

思います。
みなさんもなにかに悩んだ時などは直感的に決めてみるのということをするのも

いいかもしれません!
最後まで読んでくれてありがとう!
明日のブログは中臺担任助手の「私が東進に入った理由」です!
あの中臺担任助手がなぜ東進に入ったのか気になりますね
明日のブログもぜひ楽しみにしてください!