しんどい時の対処法~泣いてもいいよ~ | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 13日 しんどい時の対処法~泣いてもいいよ~

みなさんこんにちは!

日本大学生物資源科学部3年向田優子です!

最近町並みがクリスマスの雰囲気になってきましたね~

受験生のみなさんは、11月模試も終わり、肌寒い季節となり、より入試が近づいたことを実感したとおもいます。

 

私が受験生のころ、この時期なにをしていたかと言うと、模試の結果に大号泣していました笑

そんな私ですが、勉強のモチベーションはずっとありました!

(モチベーションの保ち方という内容のブログにも関わらず、すみません。)

その理由についてお伝えします!

ただ、モチベーションは高かったのですが、ネガティブでメンタルが強いわけではないので、心が疲れるときはありました。

その時の過ごし方についてもお伝えします!

だいぶ私流ですが、少しでも参考になると嬉しいです。

 

①モチベーションを保てた理由

理由は2つあると思っています。

(1)大学で学びたいことがあった!

私は大学で学びたいことがあり、それが揺らがなかったので、モチベーションが下がることがありませんでした。

大学生活を想像したら、ワクワクして、来ると思います!

 

(2)伝説の言葉を知っていた!

私が高校2年生のころ参加した合格発表会で、現在4年生の中村担任助手が言っていた言葉が心に響いていたのです!それが、

勉強の不安は勉強でしか拭えない

という言葉です。

そのため、模試で思ったような点数が取れなかった次の日でも、勉強は必ずしていました。

 

②心が疲れた時の私流対処法

入試が近づいてくると

「どこも受からないかもしれない、、、」

「このまま伸びないかもしれない、、、」

「過去問終わらなかったらどうしよう、、、」

などといった不安がある方もいるかもしれません。

もうみなさんもわかっていると思いますが、それは、

不安になるくらい、勉強したからです!

といわれても、不安なもんは不安だし、、、という感じですよね。

私もそうでした笑

 

(対処法1)一回めちゃくちゃ泣く

泣くとなぜか自分を客観視できるんですよね。

「どうしたの~心配しないで、がんばってるじゃん!」と自分に伝えてあげたくなります。

それと、「まあ、とにかくやらなきゃいけないんだし。」と割り切った考えをすることもできます。

今、みなさんの心のコップに不安がパンパンに入っているとしたら、

一度心に抱えている不安を爆発させてみても良いかもしれません。

 

(対処法2)信頼できる人に話す

私の場合は母親でした。

受験はセンシティブな話題だと考えていたので、よっぽど信頼できる方にした色々話せませんでした。

そんな相手に話したからこそ、心に響く言葉をかけてくれます。

 

(対処法3)割り切る

一度冷めた考え方をしてみました。

「結局はやらなきゃいけないんだし。」

と思ってみます。

どんなことがおきても、結局は受験を受けることにはかわりないんだし!

(これはだいぶ楽観的かもしれません。)

 

最後に

みなさんのことを近くでみていると、沢山考えて悩んでいることが伝わってきます。

あんなに勉強していたから大丈夫!と伝えたいのですが、まだ受験は終わっていないので心の中で我慢しています。

最後まで引き続き応援しています!

 

明日のブログは宮内担任助手の「共通テスト残り2ヶ月で何をすべきか」です!

お楽しみに!

 

注意:明日2号館の自習室は後日受験のため使用できません。