いかにして併願校を決めるか | 東進ハイスクール 新百合ヶ丘校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 9日 いかにして併願校を決めるか

 

みなさんこんにちは!

立教大学理学部数学科2年の森永です!

 

本日は併願校の決め方というテーマでブログを書きたいと思います!

出願大学を決めるにあたって

僕が大学を決めるにあたって重要視したことは

・偏差値(MARCHには行きたい)

・立地(近い0r都心)

・数学の教員免許が取得できるか

です

これらを考えた上で出願校をしぼっていきました

そして候補であがった大学は

・早稲田大学教育学部数学科

・明治大学理工学部数学科

・明治大学総合数理学部現象数理学科

・立教大学理学部数学科

・青山学院大学理工学部数物理学科

・中央大学理工学部数学科

・学習院大学理学部数学科

です。

早稲田大学教育学部数学科

私大No1の教育学部。実は理系学科がある。

理学科生物専修

理学科地学専修

数学科

(複合文化学科という文理融合学科も受験できます)

早慶の理科1科目受験可かつ数学を学べる学部はここだけ。

数学の教員免許も取れる。(実際に教員志望はあんまりいない)

明治大学理工学部数学科

MARCH最高峰。生田キャンパス。近い。受験。

明治大学総合数理学部現象数理学科

中野という好立地。教員免許も取れるらしい。受験。

立教大学理学部数学科

池袋という好立地。(新百合から最速33分)

数学教員の免許も取れる。教員志望も多い。受験。

青山学院大学理工学部数物理学科

淵野辺。近いけど、できれば都内に行きたい。

そもそも、物理でしか受験できない。

化学選択だったので不可能。不受験。

(今は学科が変更されている)

青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科

数物理学科が受けれないので、候補に。

出願ぎりぎりまで悩んだが、本当にやりたいことではない。+対策している暇がなかった。不受験。

中央大学理工学部数学科

後楽園キャンパス。受験していないが、一番受ければよかったと思ってる大学のひとつ。

数学の入試問題に癖があって、敬遠してしまった。不受験。

学習院大学理学部数学科

そもそも理学部があることを知らなかった。下調べはめっちゃ大事。不受験。

 

といった感じです。

これに加えて、2番目に興味のある情報系の学科などを受けました。

上智大学理工学部情報工学科

早稲田ともうひとつ挑戦校を設定。実際、難易度は高い。受験。

青山学院大学社会情報学部

英数で受験できる学部。文理融合の学部で、工学に興味がなかったこともあり受験。

芝浦工業大学システム理工学部

早い段階での入試経験として四工大の中から受験。受かっても行かないつもりだった。そもそもキャンパスが大宮だったので、行けない。

 

行く気のない大学であれば、受験しない人もいると思います。それはそれで正しいと思います。無理して

受ける必要はないと思います。受験は1校3万円ほどかかります。受験させてもらえることに感謝して受験しましょう。

 

挑戦校、堅実校、安全校の3つで選ぶと良いといわれています。

実際、受験をしてみると僕の受験に安全校はなかったなと感じます。

MARCHはだいたい一部判定が出やすい模試を除いて、D判定とE判定ばっかりでしたので、多めに受験しました。結果的に、立教にひっかかったと思います。

 

明日のブログは丹野担任助手の高速基礎マスターの進め方です!

英米文に通う丹野担任助手はどのようにマスターをすすめていたのでしょうか!

ぜひご覧下さい!