ブログ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 

2014年 8月 20日 高1・2MVP

こんにちは、2年の高田です!

夏休みももう終盤に差し掛かってきて、模試までもう時間がなくて疲れや焦りも出てきたとは思いますが、もうひと頑張りしましょう!!

今回は題名通り「高1・2生MVP」です。

では、今回のMVPにいきたい所ですが今回のMVPは少し違います。

何が違うかというと、今回は個人ではなくG面談から選考したいと思います!

ということで今回の高1・2生G面談MVPは、、、、

 

「Be Awake」です!!!!

諸事情により2人休みでしたがG面談に潜入してきました。

                                   

今回行っていたことは、

熟語テスト、自己紹介、進捗確認です。

 

そうです、実は新メンバーが加入しました!

自己紹介のパートでは留学の話が出てきていました。

「海外の学生のレベルの高さに愕然とした」といっていました。

グローバル化が進む中、大学のブランドだけで就職できる時代ではなくなりました。

大学に入ることが重要なのではなく大学に入って何をするかが大切なのです!

 

、、、、話がそれたので本題に戻ります。

 

もう一人の子に先週何を頑張ったかと聞いたところ、第2次世界大戦のレポートと言っていました。

それを聞いた時、正直そんなもんかと思いました。(すいません)

ですが、内容を聞いてみるとやはり違いました!

なんと本を11冊も読んでいて、それでもなお全然足りない、といっていました!

正直自分は大学でのレポートでも経験したことがありません。(精々、2冊程度です)

やはり、これだけ頑張っているグループは努力の基準が複数違う生徒がいるのだということがわかりました!

他のグループのみんなも、グループを引っ張っていき努力の基準を変えられるように頑張って下さい!!!

明日の自習室は通常通り使えます。

2014年 8月 19日 良い睡眠をするために

 

Goooooood Morning

 

こんにちは!広美です^^

8月が過ぎていくのが早すぎて、自分の忙しさに引いてます。(笑)

でも忙しくてスケジュールが詰まっているのが好きなので、充実した毎日が過ごせて

幸せだなあ~と感じながら生きてます。

 

最近生徒から、『夜よく眠れない』と聞くので

“良い睡眠をとるために”を今日のテーマにしたいと思います!!

 

 

寝れない状況をつくる原因と対策を紹介します(×-×)

 

【原因】

寝る前にテレビ、携帯、パソコンなどの強い光を浴びること

 

【対策】

寝れないときはこれらを避け、静かにじっとしているか

単語帳を見たり、読書をするのが良いでしょう。

 

【原因】

あと5分…10分…と二度寝をすること

 

【対策】

「あと5分……」を繰り返すのは、浅い眠り(レム睡眠)を続けてしまう原因になる。

これによって、体内時計が乱れ疲れも癒されない状態になってしまいます。

対策は目覚ましを遠いところに置いたり、一度起きたら必ず起きる!!と心にきめておくこと!!

要は気合いですね。わたしはこれで中・高6年間一度も遅刻しませんでした^^☆

 

【原因】

 夕食のとり方が悪い(食事の時間が遅い、食べすぎ等)

 

【対策】

寝る直前に食事をとると、睡眠中、消化器官が消化のための活動を続けることになる。

このため、睡眠中に内臓などが十分に休むことができず、睡眠の質が下がってしまいます。

夕食は就寝の3時間前までに済ませ、できれば就寝前の2時間は飲食を一切しないことが安眠・熟睡への近道です。

 

 

以上の3つはありがちなことではないでしょうか…><

 

寝ると決めている限られた時間で、なかなか眠りにつけないとあせると思うし

次の日の勉強に響きます。

 

これらはありがちだけど、少し意識すれば変わると思うのでぜひ気にしてみてください*^^*

 

明日の自習室は終日使えます★

2014年 8月 18日 早起きのコツ

こんにちは。

芹澤です!今日は【早起きをするには】というテーマでお話したいと思います。 

 

早起きのコツ考えたことありますか??

僕は朝早くに起きようとしたら、まず・・・

 

早く寝ます。笑

 

早く起きる ≠ 寝る時間を減らす

 

適切な睡眠時間はひとによって異なりますし、全く寝なくても平気という人も大勢います。

しかしながら、僕の身体はそんなに万能ではないので、しっかりと睡眠時間を確保しなければ、次の日はひたすら眠いだけです。笑

 

多くの読者の方は、

寝る時間がもったいない!!

受験生だから早く眠るなんて無理!!

お前は暇だから寝てるんじゃないか?!

と思っていると思いますが、それは違います。

 

受験勉強という高負荷を頭にかけているのにも関わらず、しっかりと睡眠時間をとらないで勉強していると、

起きている時間は長くとも集中力が欠けてしまいます。

校舎でのみなさんの様子を見ていると、集中力が切れてしまっている人も見かけます。

そんな人は無理に早起きしようとせず、早く寝るように心がけてください!!

仮に4時間しか寝られないとしても、早く寝て早く起きましょう。

質がぜんぜん違います!!

 

早く起きるコツ・・・と題して、

早く寝なさい。

という結論になることをお許しください。。。。

 

それくらい大事なことです。

Keep Your Biorhythm.

 

明日は終日自習室は利用できます。

 

明日は、鈴木広美さんがブログを書いてくれますのでお楽しみに~^^

2014年 8月 17日 モチベーションの保ち方☆

はい、みなさん。おはようございます。

 

今週2回目の登場、茅野です。

 

なんでまた出てきたかって?

 

そりゃそうだ。まあいろいろ事情はありますが、みなさんに何かを届けたいと思い再登場です。

 

そういえば昨日、野球の練習をしていたら、打球がグローブを貫通し僕の鼻に直撃して、今日は鼻が痛いです。

それだけなんですがまあ大丈夫です。

 

ということで今日のテーマは「モチベの保ち方」です。

「おお、これは難しいテーマですね・・・」

モチベの保ち方って、人それぞれですからね・・・。

なので今日はある例をいくつか出しますので、あくまで参考にしてください!!

 

①夢・目標を持つ

人の動機付けには外的要因内的要因が存在します。外的要因は短期的なモチベをあげることはできますが、長期的に持続できるわけではありません。

モチベを高く長期的に保つためには、内的要因による動機付けが必要ということです。

では内的要因とはなんでしょうか。

それが「夢・目標」です。

内的要因とは他人に与えられるものではなく自分から作り出すものです。ここで大事なのはそれが実現可能かどうか、かつ相当な努力を要するものであるかどうかです。

一見、目標というと「ちょっと頑張ればいける」ものでもいいのかと考える人もいますが、これでは強い動機付けにはなりません。

これに関しては、こちらが何か与えられるわけではありません。一言アドバイスすると「夢や目標は手を伸ばしたら届きそうででも届かないくらいがちょうどいい。」ということです。

 

②スモールステップ~小さな成功体験~

①では内的な動機付けを紹介しましたが正直なところこれだけではモチベを保ち続けることはできません。

この内的な要因を保ち続けるために外的な動機付けを自分に与え続けなくてはなりません

これが俗にいうスモールステップ型の動機付けです。「夢・目標」が高くもやがかかって見えていないと、逆に大きくモチベを下げてしまします。なのでその大目標に対して小目標を立てていきましょう。

たとえば1週間でどこまで参考書を進めるかとか、東進生であればマスターをいつまでにどれくらいやるといった目標を立てておきましょう。その目標をクリアしていくことで小さな成功体験を得ることができます。その成功体験が積み重なると大きな自信につながります。自信は結果を生み出します。

重要なのは、「夢・目標」に対する小目標でありましょう。小目標は実現ができるだけ可能なものがいいです。ただそれだけやればいいわけではないのでそれを最低ラインとして位置づけしましょう。

 

③報酬的な要因

最後に報酬がつく動機付けを紹介します。

最初に断っておくとこの方法は決していい方法とはいえません。ただどうしてもモチベがあがらなかったりしたときにはあるといいかも知れません。

まあ書いての通り、目標達成に報酬をつける方法です。たとえば、今週1週間毎日勉強したら、スタバに行ってなんか買うとか、テスト合格したら好きな洋服買ってもらうとかですね。

ただ報酬目当てのモチベは達成できなかったときにモチベが下がりがちなのと、この方法だけだと逆にモチベが下がることが実証されています。

ほどほどにしましょう。

 

以上で終わりますが、一番根本にあるのは内的な強い動機付けです。

何のために今頑張っているのか、つらいときには初心を思い出してみましょう。

 

明日の自習室使用ですが、終日使用可です。

2014年 8月 16日 ◆前期修了式◆

 

こんにちは!担任助手3年の田中です。

暑いですね、この頃。

体調を崩しやすいので本当に気を付けて下さいね!

 

さて、本日は毎年恒例の前期修了式が行われました。

前期修了式とは何か、というと

夏休み中に基礎の勉強を修了させて

明日にでも過去問演習をスタートできる

という状態になった生徒を表彰してその先の勉強へと向かわせるためのイベントです。

こういう趣旨なので参加条件があり

①受講を全て修了

②高速マスターを上級単語まで完全修得

③確認テスト・修了判定テストを全てSS

 

の3つです。

上記の厳しい条件を突破した

36人の生徒が本日自習室に集いました。

 

最初は表彰から始まりました。

厳しい条件を突破して全力で努力をしてきた生徒だけあって表情も晴れやかな生徒が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次に実際の二次私大の過去問にチャレンジしました。

今回参加者たちがチャレンジしていたのは私立大学の頂点に君臨する

早稲田大学の商学部の過去問です。

早稲田大学の商学部といえば試験時間90分間で500語~700語レベルの長文を5題も解かなければいけない非常に難易度の高い大学です。一題あたり18分程しかかけられないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

生徒も非常に苦戦している様子が見えました。

しかし、実際には1800レベルの単語がわかれば読む分には問題がないので、基礎をもっともっと定着させることと過去問演習を行って読解スピードを上げることが必要だと感じているようです。

そして、寺田担任助手からの熱いメッセージです。

 

 

 

 

 

 

 

かなり厳しい内容にはなっていますが、参加生徒たちがこれから直前期に突入していくにあたりどのような気持ちで臨むべきかを話していました。

 

 

 

 

 

 

 

生徒の姿勢も非常に真剣なものでした。

そして最後は、36人の中でも特に一生懸命努力していた3人の生徒による決意表明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり努力している人の言葉には本当に重みがありました!

 

僕自身この会には生徒時代から数えて4回目になるわけですが、毎年毎年感じることは

「この会に参加した生徒は本当に目の色を変えてこの後努力できる」ということです。

そして、自分たちだけが本気で努力するだけではなく、その姿勢で周りの人を動かすこともできるのが、参加者たちのすごさでもあります。

参加した生徒たちには、この校舎に通う生徒たちを突き動かしていくような勉強をして欲しいですし、絶対に第一志望校に合格して欲しいと思います。

逆に参加できなかった生徒に関しては、残された時間を使って早期に条件を達成して欲しいと思います。この条件を突破できていないようでは、過去問演習をはじめても成果は得られないでしょう。

参加した人も参加できなかった人もまだまだこれからです。

合格に向けてさらに努力を続けていきましょう。

 

また、

一週間後にはいよいよ第4回8月センター試験本番レベル模試があります。

ここで結果が出せるように、この1週間徹底した対策をしていきましょう!

 

では皆さん、ごきげんよう!