3月 | 2018 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2018年03月の記事一覧

2018年 3月 31日 三年生になったら~藤原ver.~

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学政治経済学部政治学科2年、

藤原息吹です。

私は、国際関係(通称IR)や、安全保障、平和研究などを

主たる研究テーマとするゼミに所属しているのですが、

3年生からの本格的な研究に先立ち、先行研究を

調べているところです。

 

具体的に何をするのか、というと政治学のトップジャーナルの

論文を、リサーチクエスチョン(研究における疑問)は何か、

やその疑問を解決するために、どのようなアプローチをしているのか、

といった観点から、読み込んでいます。

論文の数でいうとトータルで10,000ワードくらいのものを30本くらい

読むというもので、相当大変です。

 

高校生の時は、どうしても大学の偏差値だったり、

大学で学ぶ勉強とは無関係のところに目が行きがちですが、

そういった状態で大学に入っても、ただただ退屈なだけで、

上記のような課題も前向きに取り組むことが難しくなる

と思います。

 

自分のやりたいことができるのか、を徹底的に考えたうえで、

大学選びをすると、大学生になってからも自分の思うような

勉強ができると思いますよ!

 

今日のテーマは「3年生になったら」ということで、

新しく高校3年生を迎える皆さんに向けて、

アドバイスやメッセージ等を綴っていきたいと思います。

 

まず頭に入れておいてほしいことは、

校舎でも散々いわれているとおり、

約10ヶ月後の入試の結果は、

現段階である程度、決まってしまっている

ということです。

 

それはなぜか。

もちろん、受験勉強にかける時間は

高校3年生の1年間が最も多くなります。

しかし、それは受験生全体に当てはまることです。

 

すなわち、

自分も頑張るが、

周りも同じくらい頑張っているという状況が

これから起こってくるわけです。

受験は、絶対評価ではなく相対評価ですから、

これではなかなか差をつけることが難しくなるわけです。

 

では、現状で学力が足りていない場合は、

どうすればいいでしょうか?

 

「周りと同じように勉強しているだけでは、

絶対に第一志望に合格することはできないということをしっかりと認識し、

その上で誰よりも勉強する」

しかないです。

 

私大入試の難化も待ち構えています。

これはただの難化ではありません。

”超難化”です。

 

例えば、早稲田大学では、2019年の入試の合格者は

2016年と比較すると約63%まで減少するといわれています。

2016年に合格していた約6600人が2019年の入試では、

不合格になってしまいます。

他の私立大学も同様に合格者数を

さらに絞ってくるでしょう。

 

したがって、今までの合格者平均といったボーダーは

参考にならないといっても過言ではないです。

過去の先輩たちを余裕で超える学力を

身に着けることが必須です。

 

こんな状況ですから、

「最低~大にいければいい。」

こんな姿勢では、来年の入試で滑り止めの大学にすら

受からないというケースも十分に起こり得ります。

 

どうせ直前は、死ぬほど勉強するのだから、

今から全力で勉強して、結果を出せたほうが

絶対にいいと思いますよ。

 

強い危機感を持ってこの1年、受験と向き合ってください。

応援しています。

 

2018年 3月 30日 2年生になったら ~かすがゆうこver~

みなさんこんにちは!!

立教大学文学部に通う1年生の春日裕子です!!

※まだ1年生ですよ!!!あと2日で2年生になりますが・・・

新しいぴかぴかのスーツを着て大学の入学式に向かったのが昨日のようです(x_x;)

時が過ぎるのは早いものですね!!

 

・・・ということで、私の大学1年生時代の最後のブログ担当ということで、じっくり読んでくださいね!!!

 

今日のテーマは【2年生になったら】です!ので新2年生のみなさん!注目してくださいね!!

 

新2年生のみなさん、進級おめでとうございます!

 

2年生になったらなにが変わるか。それは、後輩が入ってきて、先輩になるということですよね!!

中高一貫校に通っている方からもうたくさん後輩がいるよ!という方もたくさんいるとおもいます!

どちらにしても、高校2年生という学年は部活や学校行事での最上級生となり忙しくなる一年になると思います。

 

そして、受験まであと丸2年近くある・・・ということで、受験への実感が湧いていない方も多いと思います。。。

 

だからこそ、ついつい勉強がおろそかになってしまう・・・

部活や学校行事などの忙しさを理由に勉強から逃げてしまう・・・

そんなこともありえるのではないでしょうか!!!

 

私は高3のとき受験勉強をしていて「高2のときもっと勉強していれば」と思ったことが何度もあります。

これは私にとってはかなり大きな問題でした。なぜなら、高2のときの私はまったくといっていいほど勉強をしていなかったからです・・・

私はとてもハードなバドミントン部に所属していました!そして、いつもいつも部活のことばかり考えていたので、勉強しようというモチベーションが非常に低かったのです。。。。

高校のクラス、39人中38位を取ってしまったことも何度かあります・・・・

受験を終えた今、私はこのことをすごく反省しています。

 

高2という期間は受験までの残された時間があるように感じます。だから「まだ受験勉強を本格的に始めなくてもいいんじゃないかな」と思ってしまう人、多いと思います。

だからこそ、今から始めるのです!!

マラソン、短距離走などの競争には、スタートラインがあります。そこを”はじめ”の合図があるまではスタートを切ってはいけません。フライングで失格となってしまいます。

ですが、受験勉強においては一斉にスタートを切る必要はないのです!

スタートを切るのが早ければ早いほどいいのです!!!!

だから、高2になる「今」始めましょう!

以上がもうすぐで大学2年生になる私からのメッセージです(^^)

私も皆さんも同じ「2年生」です!☆一緒に頑張りましょうね!!

もちろん受験生やそれ以外の皆さんもですよ~~~(^O^)

明日のブログは藤原息吹担任助手で『3年生になったら』です!

新高3生必見ですよ!!お楽しみに!!!

 

 

2018年 3月 29日 ~高3生になったら~ きむver

 

こんにちは!

法政大学生命科学部1年のきむです!

温かくなり、ついに桜の季節になりました。

大学では卒業式が終わり、入学式が間もなく始まります。

ちなみに私が通っている法政大学は、あの武道館で入学式が行われます!

私は昨年のこの時期、入学式で武道館デビューを果たしました(笑)

 

さて、前置きはこのくらいにして、今回のテーマである

【高3生になったら】ということをお話していこうと思います。

まもなく高3生になろうとしている高2生諸君。

高校生においての最高学年としての生活にはどのようなイメージがあるでしょうか?

受験勉強・部活・学校行事など。

多くのアクションが待ち構えていると同時に、これらのことのほぼ全てが「最後」ということになると思います。

そこで私からのアドバイスとして、「全てを楽しむ」ということを皆さんにお伝えしたいと思います。

私が高3生の頃、生活が体育祭・部活・勉強の3本の柱で成り立っていました。

はっきり言うとかなりやるべきタスクは多かったなぁと感じます。そして、周りの仲間も同じような状況でした。

そんな中、やはり多くのことを抱え込むことが難しいと感じ、一つのことに集中するという選択を取る仲間も多くいました。

もちろん、優先的に一つのことに集中して精度を高めることは良いことです。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」とあるように、いくつをも求める事はリスクもあります。

しかし、そのような中で、勉強にしろ、部活にしろ、楽しむという魂胆の部分を忘れないでいてほしいというように思います。

体育祭・部活・勉強 と、三兎を追う事を全力で楽しんだ結果が今の私に繋がっていると感じます。

全てを追いつくした私は多くを得ることができ、また楽しむことが出来たと思います。

どのような形であれ、後悔の無いように全力で欲張って楽しんでください。それが未来の君たちを支えてくれるはずです!

明日のブログは、

春日担任助手による「高2生になったら」です! 

お楽しみに!

 

 

2018年 3月 28日 ~高2になったら~ver.真島

 

みなさんこんにちは!

慶應大学総合政策学部2年の眞島です。

桜が満開に近づいていますが、まだお花見にいけていないので散るのは少し待ってほしいです。

長続きしてくれることを祈っています。

 

さて、本日のテーマは「高2になったら」です!

僕が言いたいことは、、、

”高2が大学受験の70パーセントを決定する”

ということです!

100パーセントとはいいきりませんが、 「高2の間になにをやったのか」というのが現役合格に向け本当に重要になってきます。

 

その理由とやるべきことをいくつか伝えていきたいと思います。

 

1.高3になってから追い込んで、本気だせば成績が伸びるなんてことは通用しない!

 

その理由は簡単です。高2のうちから(もしくはその前から)追い込んで勉強しているひとは山ほどいるからです。

もちろん目指すところによりますが、高3になってから頑張って希望の大学に合格できるほど甘くないです。

高3の間がんばることなんて当たり前のことです。

だからこそ!高2の間にいかに頑張ったかが重要です!

 

2.とにかく基礎固め!

勉強しなきゃいけないのは分かるが、そしたらなにやろう・・・(?_?)

となるとおもいます

この一年間意識してほしいのが、主要科目をがちがちに固めることです。

そこまで難しいことにチャレンジするわけではなく、少し簡単かな~というレベルからしっかり時間をかけて取り組むことです。

例えば、英語であれば基礎的な単語から取り組み、少しずつ難しい問題へと繋げていきましょう

長いスパンで考えて少しずつステップアップすることが重要です

 

3.部活や学校行事を本気で取り組み楽しむ!

これは、高2に限った話ではありませんが高校生活でしか味わえない部活動・学校行事を全力で楽しんでください

 

つまり!まとめると、高2が受験において非常に重要な一年間であり、がちがちに基礎を固め、勉強以外も全力で過ごす!

ということです。新高2生がんばってください!

明日のブログは、きむ担任助手による高3になったらです!

 

 

2018年 3月 27日 高校1年生になったら~伊藤な編~

 

こんにちは!明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科の伊藤直樹です!

花粉が猛威を振るう時期になりましたね…僕はマスク・鼻炎スプレーを常備し、毎晩お風呂前に鼻うがいをし、こまめに鼻に薬を塗っています。

アレルギーのひどい人だと症状で勉強のモチベーションはだだ下がりです。僕のような徹底的な対策をおすすめします。

花粉が猛威を振るう時期であると同時に学年の変わる時期ですね!本日のテーマは1年生になったらです。

 

僕は2年前に高校を卒業しましたが高校1年生の自分に一言かけられるとしたらこう言います。

「部活に熱中するのはすごくいい!だけどスキマ時間で少しでも勉強しろ!」

僕はダンス部だったため引退は高2の12月とかなり早かったです。早かっただけに「引退するまでは自分で勉強して引退してから本気だせばいいや」と思っていました。

しかし自分で勉強するとなると「今日は部活で疲れたから明日でいいや」「今日はゲームやりたいから明日でいいや」となるのが人間です。

結局テスト前にしか勉強せずテスト前の勉強も詰め込むだけで次の週には忘れている。最悪の勉強習慣でした。

引退して冬に東進に入り、1年でいける大学はたかがしれてるという現実を知りました。

高3になってからは日本で誰にも負けない努力をした自信がありますが入れたのはそこそこの大学。

もう1年頑張っていればもう1ランク上の大学、さらにもう1年頑張っていればさらにもう1ランク上の大学を目指せたかもしれません。

そこまで言わずとも移動時間に単語だけでも覚えていれば、数1Aだけでも頑張っていれば全然違ったと思います。

受験にたらればは御法度ですが失敗したときはどうしても「~していれば」、「~していれば」となってしまうのも人間だと思います。

そんな悔しい思いをした先輩の気持ちを汲み取って皆さんの教訓にしてくれれば、勉強をはじめてみようというきっかけにしてくれればと思います。

部活に熱中することはとても大切なことです、それこそ勉強よりも大事なことだと思います。僕も高校で始めたダンスが楽しくて楽しくてしょうがなくて今も続けています。ただ、やることはしっかりやっておいた方がいいよという話でした。

 

思い立ったが吉日、この記事で心が動いたという人は明日と言わず今日始めましょう。

 

明日のブログ担当は真島担任助手で

テーマは「2年生になったら」です

お楽しみに!