10月 | 2017 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2017年10月の記事一覧

2017年 10月 31日 【立教に興味がある方必見!】私が大学で頑張っていること

みなさんこんにちは!!!立教大学文学部に通う春日裕子です(^^)

最近は立教大学のあの有名なツタの葉が赤くなってきました。秋から冬へとかわる感じがしますね!しばらくするとあのツタはみんな枯れてしまうみたいです、、すこし寂しいですね、、、

 

さて、本日のテーマは「私が大学で頑張っていること」です!本日は私の大学の授業についてお話したいと思います。

まず・・・

立教大学にはどの学部にも英語の必修の授業があります。その授業の内容としては

・ディスカッション

・リーディング&ライティング

・プレゼンテーション

・eラーニング(パソコンを使ったTOEIC対策などの授業)

です。ほかにも学科の必修の授業や第2外国語の必修の授業もありますが、今回は以上の4つについてお話したいと思います!!

 

◎ディスカッションについて

この授業では約8人の学生に対して1人のネイティブスピーカーの先生が付きます

授業を受けていて、まるで英会話教室に通っているような気分になります!先生も学生ももちろんみんな英語しか話してはいけない授業です!

みんなでジェスチャーを使って英語の知識をしぼりだしながらコミュニケーションをとるのはとても楽しいです!90分があっという間に過ぎてしまいます!!

 

 

◎リーディング&ライティングについて

この授業では、パラグラフリーディング・ライティングについて学ぶことが出来ます

先生によって授業の進め方も異なりますが、今私の担当の先生はひとつひとつ丁寧に教えてくださる先生です(^^)

自分で英語の作文をしっかりと書けるようになります

 

◎プレゼンテーションについて

この授業にもネイティブの先生がつきます。名前のとおり、プレゼンテーションを学ぶ授業です。

授業を受けていて、ここで学ぶことは将来社会人になってからも役に立つと感じています!!

TEDの映像を見たり、英字ニュースを毎週読んだり、とプレゼンテーション以外のこともします!

 

◎eラーニングについて

これはパソコンを使った授業です。立教大学に在学しているうちはインターネット環境とパソコンがあればどこからでもこの教材を利用できるものとなっています

ネイティブスピーカーの音声などを聞くことができ、また文法問題や長文問題もあります!!とても身になる授業です。

 

以上が私が普段学校で頑張っていることでした!いかがでしたでしょうか??

個人的に、立教大学は英語の授業がとても充実している感じています!

ほかにも授業はまだまだありますがここに書くと長くなってしまうので聞きたい方は個人的に私の元まで聞きに来てくださいね(^^)

 

明日のブログは牧原担任助手でテーマは同じく「私が大学で頑張っていること」です♪

青学に通う牧原担任助手はどんなことに取り組んでいるのでしょうか!お楽しみに!!

 

2017年 10月 30日 模試後の復習で気をつけたいこと

こんにちは、古田です。

先週の寒さで、僕の通う一橋大学前の通りはすっかり紅葉が進みました!(ちょっと葉が散っちゃってますが…)

かと思えば今日の強風は木枯らし一号だそうで、もう冬来たの!?!?!?って感じですね…

 

雑談はさておき、昨日は全国統一高校生テストでしたね。

今日は全国統一高校生テストを終えたみなさんに、今後の気の持ちようについて大事なことを2点お伝えします!

1.結果は変えられない

結果はもう変えられません。結果に対して喜んだり悲しんだりすると思いますが、いつまでも過去のことに執着していては進歩はありませんよね?

すぐに振り返りをし、改善策を考えることが大事です!今日か明日中には模試の復習は終えて、もとの勉強に入りましょう!

2.完璧を求めない

全問題を復習していると、とても時間がかかりますよね。知ってる内容だけど念のため復習しとこうかな…という気持ちは良くわかりますが、他にもやるべきことが多いのを考えると、自分の間違えた問題や、正解したけど自信がない問題に絞ることをオススメします!

昨日ブログを書いてくれた佐田担任助手は全部丁寧に復習していたそうですが、

僕は国立志望で勉強する科目も多かったので、効率重視で行いました。

余談ですが、僕が高3のときに受けた10月模試では、8月に比べて数学2Bで16点、国語で32点も点数が下がってしまいました。ですが次の12月模試では無事以前の水準以上の得点に引き上げることが出来ました。これは模試の後すぐに担当の担任助手の方と面談をし、今後の勉強のやり方を考えられたおかげだと思っています。

 

8月

10月

12月

数学2B

80

64

84

国語

139

107

149

 

次に行われるセンター模試は12月です!

すぐに、効率よく復習をし、次の勉強に移りましょう!

 

明日のブログは春日担任助手より、「大学で頑張っていること」です。お楽しみに!

2017年 10月 29日 全国統一高校生テストを終えて

こんにちは!

青山学院大学社会情報学部1年の佐田佳純です。

 

今日は全国統一高校生テストを終えてということで、

模試の復習について書いていきます!

 

みなさん!模試を受けた後きちんと自己採点をしているでしょうか?

高3生はもちろん行っていると思いますが、高1,2年生の皆さんはきちんと行っていますか。

この自己採点がとても復習において大切なものになっています。

 

自己採点をすることで、この問題は正解もしくは不正解であった、という確認を自然に行うことができます。

仮に帳票だけで点数を知った場合、問題の不正解ではなく、

点数が良かったもしくは悪かったということしか頭に残らず、復習する気持ちも薄れてしまうと思います。

自己採点をして、なぜこの問題を間違えたのかということを疑問に思い、復習をするというこの流れが1番いいと思います。

 

次に復習そのものに関してです。

まず私の場合、苦手で点数の悪い科目から行うようにしていました。

これは個人的な性格の問題でもありますが、復習の量が多い科目を最後に残しておくとやる気にならないと自分で思っていたからです。

気が引けるものは先に済ませておくというのが、めんどくさがりな自分への対処法でした(笑)

さらにオススメなのは自分が1番解けたと感じるものを最後に復習するようにしていました。

理由としてはなぜこの問題をミスしたのだろうという疑問が1番大きいからです。

その科目を最後に残しておくことで早く復習をしようという気持ちになり復習を後回しにしない為にこうしていました。

 

そして実際の復習方法に関してはあまり特別な方法を使っていたわけではないので地道なものになりますが…

まず自信を持って正解だと感じた問題に関しては解説を見て、

じぶんの考え方があっていたのか確認をしていました。

そして自信は無かったが正解した問題に関しては、

なぜこれが正解なのか自分で考え、そして解説を読んでいました

次に解き方や知識の欠如で間違えた問題に関しては

もう一度解いてみてから解答を見るようにしていました

最後に時間の関係で解けなかった問題は

必ず自分で解いてから、解説を見るようにしていました

 

このように地道な作業を繰り返し、完全に解けなかった問題は演習をしたり、その後絶対にミスをしないぞ、という気持ちで取り組んでいました。

この気持ちを大切に1回間違えた問題は確実に解けるようにきっちりと復習を行うことで、模試を最大限に有効活用することが出来ます。

みなさんもしっかり復習をして、次回の模試に生かせるような復習をしましょう。

 

明日のブログは古田担任助手による全国統一高校生テスト(模試の復習法)です^^

私とはまた違う方法をお知らせしてくれると思いますので、お楽しみに!!!

 

2017年 10月 28日 高1・2今週のMVP!

 

みなさんこんにちは!
青山学院大学経済学部に通っている
鈴木広美です(*^0^*)

 

本日は吉田担任助手に代わり、
私が更新します★三
(楽しみにしていた子ごめんね><)



ハロウィンが近づき、
10月もそろそろ終わりというところですね!

もう2017年も残すところあと2ヶ月><


今の時期は時間の無さに
どうしても焦ってしまがちですが
できることを毎日着実に
やっていきましょう!!

焦りや不安は
勉強することでしか
解消しません!



そして校舎には受験生にも
負けないほどの努力をしている
低学年の生徒がたくさんいます\(^0^)/


そこで毎週恒例の!!

 

高1・2 MVP
発表しちゃいます!!

 

今週は誰かな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます\(^0^)/

一週間でなんと高速基礎マスターを

5098トレーニング!!

校舎ランキングにも
ほぼ毎日ランクインしていました!

 

受講とも両立できています!
素晴らしい★☆

 

 

 


ちなみに単語は来週の木曜日に
完全修得するそうです!

 

また新学年になるまで残り少しですが
『周りよりも早く本格的に受験勉強を始める』

新学年になってからは
『志望校に向けて努力を惜しまない受験生になる』
と約束しました!

 



今後のさらなる努力に
期待ですね^^




明日のブログは
佐田担任助手による
模試の復習法についてです!!

 

 

また明日は
全国統一高校生テスト
です。

校舎は終日
受講や自習ができません。

 

受験を予定している人は
受験票・筆記用具・腕時計
を忘れないようにしてください!

 

みなさんが実力を
最大限に発揮できますように。

 

 

 

 

2017年 10月 27日 全国統一高校生テストにむけて(模試体験談)

こんにちは!明治大学理工学部石坂です!

今日は雲ひとつない快晴!日中は暑く、お昼寝したい気分でした!こうもきれいに晴れると、勉強のほうも自然とやる気がでますね!これからどんどん寒くなっていき、いよいよ受験本番!残りわずかの期間、悔いのないよう走りきりましょう!

 

今日のブログのテーマは<全国統一高校生テストにむけて>ということで、現役時代の話をしたいと思います。

全国統一テストの前の模試といえば、8月模試・・・東進生にとっては夏の頑張りが実を結ぶかどうか大きな勝負となる模試でした。

自分はこの8月模試が思うように結果が出ず、非常に辛い思いをしらのも今でも覚えています。全国統一高校生テストとは、いわばその悔しさを晴らすリベンジマッチです!

そのため「点数とらなきゃ…」「目標点突破しなきゃ…」というなにかに追われるネガティブな精神状態から、「点数絶対とるぞ!」「目標点絶対突破してやる!」という強気な精神状態に変わっていきました。

その結果、模試ではいつもどおりのパフォーマンスができ、11,12月と良いイメージを保ちながら本番に臨めました。

ここで重要となってくるのが「ポジティブな精神状態」です。

「ポジティブな精神状態」を生むためには、何が悪かったのか分析し、納得のいくまで量をこなすこと!前回悪かった原因が治っていれば、それが原因で失敗するはずがないですから!失敗するはずがないから、不安になることもない。こういった考え方が必要です。

では、失敗するはずがないと思うには・・・?それは納得のいくまで量をこなすしかないです。納得を感じる基準はひとそれぞれ、校舎のランキングに乗れば納得する人、全国のランキングで納得する人、昨日の自分よりも頑張れたら納得する人、、、自分の価値観にあわせれば大丈夫です!そして、失敗のたびにその基準を変えていけばいいのです!

なによりもこの直前で大事なのは8月の自分に負けない気持ち!そのための9,10月です。

これから何年も生きて、自分がおじいちゃん、おばあちゃんになったとき、この環境、この雰囲気、この人たちで受験勉強ができる経験など二度とありません。その二度と戻れない長い人生の中での一瞬を悔いのないよう頑張っていきましょう!

 

明日のブログは吉田担任助手で高1,2生MVPです!お楽しみに!