9月 | 2017 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2017年09月の記事一覧

2017年 9月 30日 今週の高1・2生MVP★

 

こんにちは!早稲田大学教育学部齊藤真美です!

最近は大学構内の道に銀杏が目立ち、季節の移ろいを感じています・・・

さて!本日のブログのテーマは【今週の高1・2生MVP】です☆

そして、今回のMVPは・・・・!

 

 

島君は、最近学校のクラスメイトに刺激を受けたり、人との会話の中から「将来的には英語を使って海外の人と渡り合いたい」と感じたことがあったとのことで、二週間前あたりから気持ちを新たにして頑張っているとのことです。

 

島君がすごいところは「取っ掛かり、やり始めは少し大変。でもその頑張りを恒常化させれば、その後は当たり前になって頑張れると思う!」と考えたうえで行動していたところです。

 

自分の状況やその先を俯瞰的に分析し、心も行動も自分でコントロールしている島君の今後の活躍に期待です!

 

明日は高3生MVPを真島担任助手が発表します!お楽しみに(^^)♪♪

 

2017年 9月 29日 【学祭紹介】明治大学生田キャンパス編

こんにちは!

明治大学理工学部2年石坂です!

昨日の雨から一転、今日はピクニックに行きたくなるような気持ち良い天気でしたね。

快適な気温と金木犀の香りで気持ちが和むので、この秋の始めの時期が大好きです。

秋が終わると、高3生はいよいよ受験本番の冬が始まります!今まで以上に気を引き締めていきましょう!!

 

今回は学際紹介ということで、明治大学生田キャンパス学祭…いわゆる

生明祭(いくめいさい)

について話していきます!

 

詳細は以下の通りです。

【名称】第17回 明治大学 生明祭

【日程】11/24(金)~11/26(日)

【時間】10:00~17:00

【場所】明治大学 生田キャンパス

【主催】生明祭実行委員会

 

生明祭とは、明治大学の学生が主催する様々な企画やイベント、模擬店などで賑わう学祭です!

また、理工学部・農学部があるキャンパスだけあって実験室の体験・展示や、地元でとれた野菜の販売などがとても特徴的です!

ステージでは、著名人によるトークショー、ダンスサークルの発表などなど…去年は漫才なんかもありました笑

大学の雰囲気を知るだけでなく、1日楽しむにも十分です!

最寄駅は生田駅で、徒歩7分ほどで着きます。道も基本的には一本道なので迷うことは無いと思います!

また、新百合ヶ丘駅から各駅停車新宿行きで5分ほどなので気軽に来てくださいね!

 

明日のブログは齊藤担任助手による「高1・2生MVP」です!お楽しみに!

 

 

2017年 9月 28日 私のストレス発散法~志村ver.~

こんにちは!

明治大学 農学部の志村瑠香です!

今回はストレス発散法ということで、受験生のときの発散法をいくつか書きたいと思います!!

1つ目はダンスです!

中高とダンス部に所属していたこともあり

ずっと座ってると体を動かしたくなるので気分転換にやっていました。

ダンスではなくても体をすこし動かすと目が覚めるので眠くなったときにもおすすめです!

 

2つ目は自分にごほうびを与えることです

自分なりに目標を決めて達成することができたら、ごほうびを決めていました。

例えば私は、STARBUCKSが好きなので模試で目標点を超えたら気になる新作を飲むと決めていました(笑)

この例はオススメはそんなにしませんが

何かしら自分が満足できてあまり時間をかけないで済むこと良いと思います!

 

3つ目とりあえず人と話すことです!

友達でも家族でもペットでも?誰でもいいです。

おしゃべりするのも好きなので受験勉強の不満でも何でも人に話して聞いてもらっていました!

 

ストレスはいつでもつきものだと思います。

それをいかにしてうまくかわしていくかはその人にあったやり方がそれぞれあると思うので

見つけていけるといいと思います!

 

今日は寒くなりましたが風邪に気をつけてがんばっていきましょう!!!

 

明日のブログは 石坂担任助手による学際紹介です!お楽しみに!

 

2017年 9月 27日 わたしのストレス発散の仕方~大久保~

こんにちは!早稲田大学国際教養学部大久保です!

今日のブログのテーマは「ストレス発散の仕方」ということで、

僕の受験生時代のストレス発散方法を紹介します!

 

とは言うものの僕自身そんなにストレスを感じる方ではなかったので、

「どうストレスを発散するか」というよりかは、

「どうすればストレスを感じないようになるか」について

僕なりのアドバイスをしたいと思います!

 

それは・・・

“定期的にOFFの時間を作る”

ことです!

 

どういうことか説明するよりかは僕の例を先に説明するほうがわかりやすいと思うので自分の例を紹介します。

 

僕が意識していたことは、

①毎週あるサッカーの試合は必ず見る

②平日の閉館後以降は一切勉強しない

この2つです!

 

まずについてですが、僕には小学校の頃から全力で応援しているあるサッカーチームがJリーグにあります!

Jリーグは基本的に、週に1回試合が行われるのですが(土曜開催が多い)

その試合は必ず見るようにしていました。(テレビ観戦です)

その代わり、その試合の日以外はそのような生きぬきは基本的にはせずに毎日勉強をひたすらやりました。

 

また、に関しては言葉の通りなんですが、21:45の閉館まで東進で勉強をし、

その後帰宅してからはご飯とお風呂以外のことはしませんでした。

その代わり、朝起きてから東進が閉まる21:45まではどんな時間も勉強にあてるようにしていました。

 

 

このように、自分はONのときはひたすら集中し、OFFのときはひたすら休憩していました。

それをすることによって、毎日集中して勉強を続けることができました。

 

ストレスの話と全く関係ないじゃないかと思う人もいると思いますが、大いに関係があります。

受験生がストレスを感じるひとつの原因に、不安があると思います。

 

「この勉強量でいいのかな」

「なかなか集中できない」

 

こういった不安が原因でストレスに繋がるケースが多くあります。

そういった不安に駆られている人の話をきくと、ONとOFFの切り替えが苦手な場合が多いです。

 

「体力的にも、OFFの時間は必要だけど、それじゃ不安だから勉強しながら休憩しよう」

とか

「ONの状態でいようとするんだけど、どうしてもだらけちゃう」

と言ったような悩みを言う人が多いです。

 

こういった中途半端な勉強をしていると、さっき言ったみたいに

「この勉強量でいいのかな」

「なかなか集中できない」

といった不安に駆られ、それがストレスにつながるのです。

 

なので、僕ははっきりとONとOFFをわけることで、

ONのときにより集中することができ、それが自信につながり、ストレスを感じない受験生活にできたのかと思います。

 

なので、このように定期的に徹底的なOFFの時間をつくるのが僕のおすすめです!

 

明日のブログは志村担任助手で同じく「わたしのストレス発散のしかた」についてです!

明日もお楽しみに!!

 

2017年 9月 26日 ストレス発散法~藤原ver.

 

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学政治経済学部政治学科2年藤原息吹です。

 

先日、めでたく(?)二十歳を迎えることができました。

振り返ってみると、ほんとうに色々なことがありましたが、

受験というのはとても大きな経験だったなと感じます。

 

今年は今まで以上に挑戦したいことがあるので、

ベストを尽くしてがんばっていきたいです。

 

今日のテーマは「ストレス発散法」です。

センターも残り100日程となり、受験生もストレスを感じ始める頃だと思います。

この時期から自分にあった良いストレス発散方法を見つけておくことは、

受験勉強をしっかりと継続していくためは、必要不可欠です。

 

まず、ストレスを発散しなければいけなくなる前に、

そもそもストレスをためないことが大切です。

 

そのためには

①今まで通りの勉強をとにかく継続する

ことが大切になってきます。

 

ストレスがいつたまるのか、ということを考えれば、

勉強がうまくできないことや、今まで通りできないことに起因するという

ことがわかると思います。

 

それならば、どれだけ受験が近づいてこようとも、

とにかく徹底的に今まで通りの勉強を続けていくこと

ストレスをためない一番の方法ということになります。

 

何か特別なことをしようするのではなく、

当たり前を貫く、それが成功する原則です。

 

そうはいっても、溜まってしまうのがストレスです。

 

その場合は、

 

①第一志望校の過去問ないし、

第一志望校に順ずる大学の過去問を解く

 

という方法がおすすめです。

 

 

勉強でストレスが溜まったのに、また勉強かと思うかもしれないですが、

過去問を解くことで非常に良い刺激が入るのです。

 

例えば、過去問を解いて良い点数を取れれば、

今までの勉強が正しかったのだと実感することができ、

勉強の励みになります。

 

もし点数が悪かったとしても、どこが悪くてどこが良いのか

が明確になるので、何をやらなければいけなくなるのかがはっきりします。

ただ闇雲に勉強するというのは、非常にストレスが溜まります。

どの部分が求められるレベルに達していないのかを把握することは、すなわち

ストレスの軽減につながります。

 

他には

②決まった時間、娯楽の時間を設ける

というのもおすすめです。

 

僕は、週に30分だけテレビを見ると決めて、息抜きをしていました。

とりあえず疲れたら、息抜きをしようとすると、

だらだらとそれを続けてしまいがちになります。

 

そうなると、勉強できなかったことに対してまたストレスが溜まってしまうので、

勉強の妨げにならない範囲で自分でしっかりと時間を決めて

息抜きをする、としてしまった方が楽です。

 

結局なによりもストレスが溜まるのは

第一志望校に受からないことですから、

それだけは忘れずにうまくストレスと付き合っていってください。

 

明日のブログは大久保担任助手の「私のストレス発散法」です。お楽しみ!!