7月 | 2017 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2017年07月の記事一覧

2017年 7月 31日 夏期合宿インタビュー

こんにちは!(*^^*)明治学院大学 心理学部2年の鈴木皓恵です!

昨日に引続き私が合宿参加者へインタビューをしました!見て行ってくださいね☆

 

今日インタビューに答えてくれたのは昨日帰ってきたばかりのM・Iさんです☆

 

鈴:合宿に行った感想を教えてください!

Mさん:「5日間、辛かったけど、班のみんなでどうやったら全員で満点が取れるか話し合ったり、音読したのがとても楽しかったです。3日目の夜にディスカッションがあり、将来の夢について皆と話しました。自分の将来と真剣に向き合うことができました。」

 

鈴:1番”成長できた”と思うことはなんですか?

Mさん:「自分に妥協しなくなったことです」

 

鈴:これからの目標を教えてください!

Mさん:「8月の模試で9割をとることです!誰よりも集中して勉強します!

 

Mさん、ありがとうございました!

今日で7月も終わり、、、夏休み真っ盛りですね!部活や行事、勉強に全力を出せていますか?暑い夏に負けずに過ごして行きましょうね☆

 

明日のブログは外担任助手による「オススメ講座紹介」です!お楽しみに☆

2017年 7月 30日 合宿参加者 インタビュー!

こんにちは!明治学院大学 心理学部2年の鈴木皓恵です!

最近は天気がぐずついていますが、みなさんは元気に過ごせていますか?暑さ・雨に負けずに夏休みを活用して行きましょう☆

 

さて、最近の新百合ヶ丘校の話題は、、、「夏期合宿」です!なぜなら、今日は合宿2期組が帰ってくる日だからです

 

夏期合宿では5日間全力で集中して英語を勉強します。文字にすると夏期合宿の熱さが薄れてしまいますが、「眠くなる暇がないくらい」5日間集中します。配膳の時間や、移動時間はもちろんのこと休憩時間ですら時間を惜しんで音読をします。

 

そんな怒涛の5日間から帰ってきた生徒に今日はインタビューをしました!

これだけ頑張っている人がいます。ぜひ見ていってくださいね☆

 

 

本日インタビューに答えてくれたのは 高3生のM・Sさんです!

 

鈴:「合宿、行ってみてどうでしたか?」

Mさん:チームの皆と協力し合うことが楽しかったです。皆と励ましあうことが出来ました。想像していたより活気がある合宿でした!

 

鈴:「合宿で得たことを教えてください!」

Mさん:「【限界に挑む心】です!4泊5日を乗り越えたことが自信につながりました!」

 

鈴:合宿の中で1番大変だったことはなんですか?

Mさん:「確認テスト前の自習時間です。みんな、わき目もふらず音読をしていました。そんな環境の中で周りに負けないように自分のことだけに集中しました。音読をすることでよく頭に入ってきました。

 

鈴:「これからの目標を教えてください」

Mさん:「限界を作らずにモチベーションをキープすることです!」

 

 

 

Mさん、ありがとうございました(*^^*)

合宿へ行っていないみなさんも、1秒を惜しんで勉強に向き合いましょう!合宿では歩く時間も惜しんで勉強するんですよ!(みんな小走りで移動します)負けないように努力して行きましょう!

 

明日のブログも夏期合宿インタビューです☆おたのしみに!

 

 

  

2017年 7月 29日 私が東進に入った理由~石坂ver.~

こんにちは!明治大学理工学部の石坂です!

さて、今回のブログのテーマは『私が東進に入った理由』ですが、「部活の両立」とも絡めてお話したいと思います。

私の高校時代の部活はラグビー部です!(こう見えて現役時代はゴリゴリでしたよ笑)みなさん一度は聞いたことがあると思いますが、決勝大会は12月に行われる<花園>です。神奈川県ですとその予選大会は10月頃から始まります。

…そう!

受験の天王山である高校3年生の夏休みも部活をしていました!東進では高3の夏休み、15時間勉強が必達目標となっていますが、部活をしていてはせいぜい9時間が限度です。受験生として大きなハンデを背負っておいてなぜ自分は現役合格できたのか…?

それは高1から受験の準備をはじめていたからです。

部活に入部したとき、自分はすでに「10月まで部活がある」ということを聞いていました。さらに、高校3年生の夏休みが受験勉強において重要な時期ということ知っていました。現役合格にこだわっていたこともあって部活を全力でやるなら、自分の場合だとなにもしなければ落ちるという危機感がものすごかったです。

そこで自分は高校入って間もなく、予備校に(東進ではない)通い始めました。そこでは部活のOFFである毎週火曜に3時間の授業でした。最初のほうは順調だったのですが、学校行事や大会が近いとOFFの日に急に予定が入り、その遅れを取り戻すのにめちゃくちゃ大変でした(´ω`。)

このままでは両立できない…と思ったところに、時間に柔軟な東進の映像授業の噂を聞きました!高1の3月で体験をし、いざ高2年に進級!と共に東進での勉強も頑張り始めました!

高2年のときはかつての予備校と東進を掛け持ちしていましたが、自分の担当をしてくださった担任助手の方のアツさに惹かれ高3からは東進一本で頑張り続けました!

と、今回は少し複雑な高校時代の受験勉強をお話させていただきました!今回、自分が伝えたかったのは三年間の高校生活を見て、受験勉強は早く準備するほど有利ということ、それが部活生であるならばなおさら。そして、東進の映像授業なら両立が可能であることキミたちには頑張る環境がすでに整っています。頑張るか頑張らないかは自分次第!ぜひ、一緒にアツい夏をすごしましょう!

明日、ブログは鈴木皓恵担任助手で『合宿インタビュー』です!夏期合宿を経て一皮むけた彼らの話に必見です!!お楽しみに!

2017年 7月 28日 私が東進に入った理由!~齊藤ver~

 

こんにちは!早稲田大学教育学部齊藤真美です*

今私は大学の試験勉強やゼミ合宿や学会発表に向けた勉強など、せわしなく過ごしています・・・!

この夏は勉強プライベートと両立した濃ーい日々にすることが目標です!!◎

 

さて!今日のテーマは昨日に引き続き「私が東進に入った理由」です!

 

私は高2の6月にこの東進新百合ヶ丘校に入学しました。

予備校を探し始めたきっかけは、高校で受けた模試の英語の校内順位が下から2番目だったことです。

それまで勉強は「まあ何とかなるでしょ~」と思っていただけに雷に打たれたような衝撃を受けました。

そして、今から本気でやりたい!と思った私に東進新百合ヶ丘校がぴったりだったため、入学しました。

 

具体的には・・・

〇効率の最大化が狙える!

→東進なら苦手や得意、その時期の多忙さによって最適なペースで学習できるのが気に入りました

 

〇ストレスが最小限に!

→集団授業で当てられたり、授業の前後でだらけてしまうのがいやだったため映像授業を選びました

 

〇雰囲気が気に入った!

→接してくれたスタッフや、校舎の雰囲気、生徒の様子など全体的に好きで、ここなら頑張れそう!と直感で感じました

 

塾選びは、単純にどんな授業を受けるかを左右する以上に、受験やその後の人生をも左右するものです。何を基準にして「自分に最適か」は人それぞれだと思います。

案ずるより産むが易し!今塾選びで迷っている人は、この夏にしっかり吟味して「ここで全力で頑張ろう!」と思えるところに思い切って飛び込んでみましょう!

 

明日は石坂担任助手が東進に入った理由をお話します!

明日も是非読んでくださいね(^O^)♪♪

 

2017年 7月 27日 私が東進に入った理由!

 

こんにちは!

明治学院大学心理学部心理学科伊藤万里奈です(*^▽^*)!

昨日と今日は急に気温が下がりましたね…

みなさん体調は崩していないですか?体調管理には十分気をつけてくださいね~

 

 

さて!今日は私が東進に入った理由について書きたいと思います!

 

私は高2の1月に東進に入学しました。

 

私が東進に決めた理由は1つです!!

映像授業に惹かれたから!!!

それまで週6日で部活をやっていた私は

「部活を中途半端にしたくない!けど勉強もやらなくちゃ…」

部活と勉強の両立ができる塾を探していました。

そのとき!東進の招待講習に行き、映像授業に惹かれました!

映像授業なら部活を休む必要もないし、自分の都合のいいタイミングで受講をすすめることができます!

そして部活が忙しくて校舎に行けないときに自宅で受講ができるのも私にピッタリなシステムでした!

 

また私は中高一貫校に通っていて高校入試を経験していないのもあり、学力には本当に自信がありませんでした…(中学の分野もできるか怪しいほどでした…)

そのため集団授業で他の生徒と一緒に授業を受けることに抵抗を感じていました。

映像授業ならひとりで画面に向き合うので、他の子と自分を比べてよく焦ってしまう私には最適でした。

 

自分の学力に合った授業を自分に合った進度ですすめられたのが、本当に東進に入ってよかったなと思うところです(^^)

 

予備校を探しているそこのあなた!ぜひ東進にも来校してみてくださいね(^^)

 

明日のブログも齋藤真美担任助手から「私が東進に入った理由」です!

お楽しみに(^^)