6月 | 2017 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ 2017年06月の記事一覧

2017年 6月 30日 おすすめ勉強法【英語】 市岡ver

みなさん、こんにちは!

担任助手1年の市岡孝太です

みなさんは最近どのような日々を過ごしていますか?

充実していますか?

勉強していますか??

僕は雨が好きではないので、この梅雨の時期が早く終わってくれないかと願う毎日です。。。

そんな僕のじめじめした気持ちはさておき、今日のブログのテーマに入っていきたいと思います!

 

【英語(単語)の勉強法~暗記がとにかく苦手な人ver~】

今回は題名のとおり、

暗記が得意ではなく単語や文法が覚えられない・・・

単語帳や参考書を使っても全然身にならない・・・

という人たち(去年の自分のような人)に対して参考になればと思っています!

暗記は余裕だぜって人も少しだけでも参考になるかもしれないので読んでほしいのですが

特に先ほど述べたことに当てはまってる。。

って人は是非取り入れてみてください!!

《具体的な内容》

僕はいくら単語帳を見て読んで単語書いてCD聞いて、

をしても難しい単語はさっぱり覚えられませんでした。

熟語なんて単語の比じゃなく無理でした。

そんな中たどり着いた勉強法が

長文や日々の学習の中で見つけた知らない単語、覚えてない単語を

マークしてノートにまとめる

というものです。

まとめたからといって簡単に覚えられるわけではないのですが、

文中に出てくることで単語単体を見るだけよりもイメージとして残りやすいのです!

さらに、重要単語であればあるほど出てきてマークする頻度が多く覚えやすくなるうえに、

実際の英文を読む中でどの単語が重要となってくるかもわかってきます!

 

しかし、とにかくマークしてまとめればよいというわけではありません。

まとめた単語を定期的にチェックし、それらの単語が出てきた長文をもう一度読むのです

ですが、たぶん一回やっただけでは分かる単語はあまり増えていないかもしれません。

もうそれは仕方ないです。

二度目でも分からなかった単語はもう一度ノートに書いて改めて再度挑戦です。

この動作を何度も何度も繰り返していきます

分かるようになった単語が増えていくスピードよりも

日々の勉強の中でどんどん新しい分からなかった単語がでてくるスピードの方が速く、

単語が溜まっていってしまうと思います。

溜まっていく過程はつらいですが、大学受験における英単語は有限です。

繰り返していけば終わりは訪れます!

覚えるのが苦手な僕達にとってこの動作はしんどいですが、

ただ単語帳を繰り返すよりは確実に成果があります!

僕はこの方法で受験勉強を乗り越えました。

学習する単語が出現頻度に依存してしまうため、

決して王道で正しい方法ではありません。

この方法だけに頼ってはいけない、ということです。

単語帳を辛抱強く使い続けること、

速基礎マスターに毎日取り組むことの重要性は忘れてはいけません。

特にマスターについては、毎日取り組むことで少しずつでも覚えられていきます。

完全に覚える状態になれなくても、マスターでやったな見たことあるな

ということが増えていきます。

覚えることが苦手なりに同じ事を辛抱強くたくさん行う

ことが本当に一番大事です。

最後になりますが、単語を覚えるという勉強は最後の受験が終わるまで続きます。

日々の勉強で培った辛抱強さを

受験の最後の最後まで発揮できるようにしてほしいと思います!

以上で今回のブログテーマ内容を終わります。

 

明日のブログは(本日誕生日の!)石井担任助手による「高3生MVP」です!

お楽しみに!!

 

 

 

2017年 6月 29日 おすすめの勉強法(計画の立て方)

みなさんこんにちは!

早稲田大学国際教養学部2年大久保です!

今日はおすすめの勉強法ということで計画の立て方についてお話します!

僕自身、受験の時かなり計画的にやっていた方だと思うので是非参考にしてください!

自分なりの計画の立て方のポイントは3つあります!

 

ポイント① ルーティーンをつくる!

ルーティーンとは「日々の作業」という意味です。

つまり、どんな日でも必ず毎日やる事です

例えば、「英単語帳を1日100単語」

とか

「現代文を1日1題」

といったような具合です。

このように自分のルーティーンを決めることで、定期的に一定量の学習できるだけでなく、

「なにやろうかな」って悩む必要もなくなります!

 

 

ポイント② ゴールから逆算する

ポイント①でいったように、「英単語帳を1日100単語」といった

ルーティーンを決めてこなして欲しいですが、どんくらい1日にやればいいかを

決めるときに必要なのが、“ゴールから逆算すること”です!

例えば、8月模試までにマスター英単語1800を全て覚えたいなら、

8月模試までの残り日数で1800を割れば、1日に覚えるべき単語数が分かると思います。

そのように、ゴールを見据えて1日にやるべきことを逆算して導き出すことが大切です!

 

 

ポイント③ 調整日をつくる

計画を立てて勉強していく中で、

“今日サボっちゃった・・・”

とか

“体調不良で計画通り行かなかった”

ってこともあると思います!

そういうときに大切なのが、調整日を設けておくことです!

 調整日とは、このように計画通りいかなかったときのために、ずれた部分を取り返す日のことです!

そのような日を設けることで、計画のずれをなおすことができると思うので是非参考にしてください!!

 

あしたのブログは春日担任助手でおすすめの勉強法(英語)です!

あしたもよんでね!!

 

2017年 6月 28日 相原の模試活用術!~復習編~

こんにちは!(*^o^*)

成城大学社会イノベーション学部3年、相原優花です!

 

じめじめした日が続いていますね~

梅雨の季節は紫陽花が綺麗に咲くのはいいんですけど、

湿気との戦いは大変ですね(*_*)

かわいい傘でも買って気分をあげたいものですな!

 

 

さて!今日のテーマは模活用術

今週はこのテーマで更新してきましたが

今日でラストです!

 

ということで、ラストの今日は

特に復習のしかたについて!

書きたいと思います(*^^*)

 

相原流復習のポイントはずばり!!

 

間違いの選択肢

 

です!!!

 

 

センター試験は全て選択形式の問題ですが、

復習するときはまず

何が正解だったのかな、これか、なるほど~。

ってしますよね?

 

ここで終ってしまう人!

もったいない!!!!

 

間違いの選択肢が、

 

なぜ間違いなのか?

どうすればこの選択肢は正解になるのか?

 

これらを丁寧に見直すだけで

知識はぐんっ!!と深まります!

 

特に私の場合は、

このやり方で世界史が伸びました!!☆

 

 

模試は復習がとってもとっても大事です!!

丁寧にやってしっかり自分のものにしましょうね!(`・ω・´)

 

 

明日のブログは、

「おすすめ勉強法~計画の立て方~」です!

大久保担任助手が更新します! 

 

2017年 6月 27日 私の模試活用術!

みなさんこんにちは!明治学院大学 教育発達学科2年生の鈴木皓恵です!

今日はどんより曇り空でしたが、お天気に負けず元気に過ごせていますか?

6月も残すところ3日!!です!はやいですね、、、。

 

6月の大イベントといえば、センター本番レベル模試!!がありましたね。

みなさん、全力は出し切れましたでしょうか・・・?

もちろん間違えたところはきちんと見直し終わりましたよね・・・?

本日は私から、模試についてお話したいと思います!

 

①模試までのこと

・基礎を固める!

もう2年前の話になってしまいますが、私は稼いだ向上得点分きちんと得点が伸びました

向上得点は受講や修判はもちろんですが、大問別を沢山演習しました!(きちんと満点がとれるまでやり続ければ向上得点がもらえます!)

私は英語の点数に伸び悩んでいたので、英語を重点的に受講、演習していました。その結果60点ほど得点を伸ばすことができたのです。

自分が苦手だなぁと思ったことこそ、しっかりと取り組みましょうね!

 

・慣れる!

とにかく試験の様式に慣れることが大事なのではないでしょうか。様式になれることによって、独自のとき方や、スピードを身に付けることができると思います。

東進には大問別演習講座、センター過去問演習講座という最強の学習ツールがあります。ぜひ活用してください!

 

②模試受験後

私が高3生の8月に受けた模試のことです。

「教科書とすごい似てる図だ!!!」という問題に出会いました。

当てはまる語句を入れるだけの超サービス問題だったのですが、私の勉強不足のため正解を導くことができませんでした。。。(結構ありますよ!サービス問題!)

もしかしたら、みなさんも似たような状況に陥るかもしれません。

「あぁ、あの時ちゃんと覚えておけばよかった。」で片付けてはいけません!

帰宅してから、きちんと覚えなおしましょう!

 

 

練習で出来ないことは本番で出来ないと言われるように、模試で出来ないことは本番で出来ません。センター試験本番レベル模試は、外部会場で問題を解くことのできる最高の時間です。無駄にしないよう、丁寧に準備をし、全力で挑みましょう☆

 

 

 

明日のブログは相原担任助手による 模試活用術 です(*^^*)おたのしみに!

 

2017年 6月 26日 おすすめ勉強法 ☆世界史編☆

みなさんこんにちは!!

青山学院大学国際政治経済学部2年の牧原です!

 

今日のテーマは世界史の勉強法!!

「世界史の 」というよりは「歴史の」勉強のポイントとしてみていただけたらとおもいます!

 

①骨組みだけ暗記

②ひたすら音読せよ

この2つです!

 

①骨組みだけ暗記

これは歴史を覚えるときに一番重視してほしいことです。

歴史の内容を全部、一気に覚えよう!

というのは、

どんなに頭のいい人でもできません!(断言)

 

だからこそまずは、太字のところだけ、大事なところだけ

ピンポイントで覚えましょう!

 

全体像を把握できたら、詳細までどんどん深堀りしていきましょう!

 

センター試験~GMARCHの受験なら、

基本的な内容が把握できていれば

合格ラインまで届くのは案外容易です。

 

要は、骨組みがしっかりしていれば

大概の入試問題は解くことができますよ~!!!

 

大事なところは早めに克服しておきましょう!

 

②音読せよ!!

どんな科目でも言われることですが、

音読は暗記するためのひとつの有効な方法です。

それは歴史科目にも一様に言えます。

私の場合、高3の夏休みは

毎日、通史の4分の一の内容をすべて音読する週間がありました!

つまり4日で世界史1周をするイメージです!

同じ部分を4日に1度は反復できると

結構覚えるスピードが上がりますよ~!

 

みなさんも試してみてください~!

あしたのブログは鈴木ひろえ担任助手の

「模試活用術」です!

お楽しみに~!