東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 8日 

 

こんにちは、古田です。

2018年が始まってはや一週間、いかがお過ごしでしょうか?

僕は早くも迫っている大学の授業の期末レポートに追われているところです…

ですがそれが終われば春休み!

就活イベントに追われる未来が見えていますが、

旅行するなど適宜息抜きをしつつ楽しみながら頑張っていきたいと思います!

さて、2018年になって一週間過ぎたということは、

センター試験が今週に迫っているということですよね?

 

ということで、今日は新高2,3生に向けて

センター同日に関するお話をしたいと思います!

 

「同日が大事、同日までに目標点突破」

…東進生ならずーっと言われてきたことですよね。

その同日模試が、いよいよ今週末に行われます。

正直、緊張すると思います。

 

しかし、なぜ緊張するのでしょうか?

 

失敗できないから、難しそうだから、本気で準備してきたからこその不安

…など、いろいろあると思います。

ひとつ僕が思うのは、「はじめての本番だから」だと思います。

本物のセンター試験の問題をこの時期に解くことって受験生でもない限りなかなか無いですし、今回の模試は実質試験(仮想)本番であるといえます。

そのせいで「本番の雰囲気、難易度って実際どういう感じなんだろう?」といった不安が生じ、緊張に至るのだと僕は思います。

それに対しては、過去問を解くことが大きな対策になるのではないでしょうか?

模試直前に過去問を解くことによって、学力向上につながるだけでなく、

難易度が確認でき、

センター試験に関して分からないことが減り、

不安の解消につながると思います。

 

「どうせ来年、再来年も解くから…」と思わずに、果敢にチャレンジしてみてください!

そして、少しでもセンター同日模試の得点UPにつなげてください。

 

同日模試まであと一週間、気を抜かずにがんばっていきましょう!

 

明日のブログは村田担任助手による「受験生に送るメッセージ」です。

熱いメッセージが期待できそうですね!

では。