二次試験対策のやり方~日本史編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 7日 二次試験対策のやり方~日本史編~

 

 

みなさんこんにちは! 早稲田大学商学部1年の石井宏樹です!

今日は『二次試験対策~日本史編~』と題して紹介していきます。

 

さてみなさん、地歴公民の千題テストが近づいてきていますが、

対策は進んでいるでしょうか。千題テストは全て記述なので、

体力面、精神面ともにハードな一日となります。

万全の状態で臨みましょう!

 

日本史二次試験の特徴は、センター試験と異なり記述の問題が存在することです。

これは当たり前かもしれませんが、この記述という問題に思いのほか悩まされるので注意が必要です。

 

そして日本史を選択した以上、漢字とは切っても切れない関係にあります。

難しい漢字に直面したら、まずは何回も書いてみてください!

覚える方法はこれ以外に無いのではないでしょうか・・・。

 

ここで、入試における注意点があります。

比較的頻出度の高い用語、(徳川慶喜、幣原喜重郎、元寇などなど・・・)

「こんなの忘れるわけがない!」と思うような用語たち・・・。

 

「読み方は分かるんだけど漢字が分からなくなってしまった・・・。」

このような経験ありませんか?

このような用語はゲシュタルト崩壊が本当に起こりやすいんです!

 

対策としては、模試などのテストを常に緊張感のある状態で受ける、

用語をなんとなく覚えないなど、

さまざまな対処法があります。

 

今後の人生を大きく左右する試験がこのようなミスの結果、

悔しい思いはしたくないですよね・・・。

 

試験本番まで出来ることは限られていますが

上記のことを意識するだけでも、全然変わってきます。

参考にしてみてください!

 

明日のブログは市岡孝太担任助手による

「冬休みの過ごし方、受験生向け国理志望」です!

おたのしみに~