山下の将来の夢 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 11月 8日 山下の将来の夢

こんにちは!

東京工業大学 国際開発工学科3年の山下浩明です!

 

今回は山下浩明の「将来の夢」について

述べたいと思います!

 

 

 自分はもともとエンジニアになりたいと考えていました!自分はものづくりをするのが好きだったからです!

その中で、自分の将来の理想像は

“社会への責任を果たすエンジニア”です!

 

わたしは今は国際開発工学科に所属し、工学系全般の幅広い分野と自分の強みとなる専門分野を勉強しています。

その中でも今期は毎週実験を行っており、毎回A4サイズ10~20ページ程のレポートを作成しています。

この実験は専門分野を勉強する基礎になるのですが、この実験を通して感じたことは

“理系人は社会に対してある種の責任を果たさなければならない”ということです!

 

それは二通りの意味があり

①新たな領域を解明し、科学・社会の発展に貢献する

②社会や大衆への説明責任を果たす

ということだと思っています。

 

①は未知領域を開拓していくというエンジニアや研究者の仕事になります。

②は専門家として、少数の専門家しか知らない難しいことを、大衆に正しい知識を分かりやすく説明するということです。

 

自分は、①も②も今までの勉強よりも一つ上のレベルの思考回路が必要であると感じています。

そのような難しく責任の要求されるエンジニアに自分はなりたいと考えています。

 

 

明日のブログは杉本潤哉担任助手からです!テーマは引き続き「私の将来の夢」です!お楽しみに!