1月の勉強法!! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 1月 5日 1月の勉強法!!

みなさん、こんにちは!担任助手三年生の阿部です!

三が日も終わり正月ボケした身体にムチを打って、動き出さなくては行けない時期になってきましたね!
2017年の各々の抱負を掲げ、今年も頑張っていきましょう!

 

さて、本日のテーマは「1月の勉強法」です。

受験が差し迫った「受験生なりの勉強法」
来年を意識した「先取り勉強法」
の以上2つに分けて書いていきたいと思います。

 

 

まずは、「受験生なりの勉強法」

受験生はなんといっても、「センター試験対策」ではないでしょか?勉学の基本を出題した「センター試験」をしっかりと時間を使ってやれる時期だと思います。やり方は人それぞれあると思いますが、昨日の鈴木担任助手のブログにあるような「大問分野別」を重点的にやるやり方は自分も受験生時代にやっていました。

大問分野別トレーニングとは、例えば英語の大問2(文法重視問題)を自分の気が済むまでやりきるといったようなものです。題材は過去のセンター試験の本試験や模試の問題を活用していくというものです。

インプット重視の勉強は終わらせていたので、時間との戦いをするのであれば苦手なところを時間目標を作って取り組むのが良いと思います。

 

センターが終われば、私立入試がきます。ここで大切なのは言わずもがな、「各大学学部の過去問」だと思います。全くやっていないという生徒の声を聞くのですが、それは大変危険だと思います。

過去問の量をやり、いかに相手に合わせた戦い方ができるかは合否の分かれ道です。

センター試験の結果がどうであれ、できなかった基礎の復習を済ませて過去問に移っていきましょう!

 

 

続いて「先取り勉強法」

ここで大切になってくるのは、「センター試験同日体験受験」です。一年前、二年前の結果がリアルな数字としてでてきます。

自分の実体験を話すと、私はこのセンター試験同日体験受験の結果に満足できず、「危機感」を覚えたため東進に入学して勉強をスタートさせました。

「それまでまともに勉強をやっていなかったこと」
「一年前というリアルな距離感」
「求めている大学レベルとの大きなギャップ」
様々なものを感じ取った人生の転換点であったと思います。

「努力もしていない今の実力」
「英語の基礎だけはやってきたから、どれだけ通用するか確認したい!」
「わかっているつもりで、できていない数学の分野の抽出」
など目的意識は人それぞれだと思います。

重要な時期の模試になってくるので、自分に合った模試にしてくださいね!

 

 

最後に

どの学年に置いても、期限というものが明確になってきた時期になってきたと思います。

与えられた期限において最大限の努力をできるよう、しっかりと目標意識をもって勉強に励んで下さいね!

 

 

明日のブログは鈴木皓恵担任助手による「公開授業の様子」です。明日もぜひ見てみて下さい!

それでは、さよなら。