~高2になったら~ver.真島 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 28日 ~高2になったら~ver.真島

 

みなさんこんにちは!

慶應大学総合政策学部2年の眞島です。

桜が満開に近づいていますが、まだお花見にいけていないので散るのは少し待ってほしいです。

長続きしてくれることを祈っています。

 

さて、本日のテーマは「高2になったら」です!

僕が言いたいことは、、、

”高2が大学受験の70パーセントを決定する”

ということです!

100パーセントとはいいきりませんが、 「高2の間になにをやったのか」というのが現役合格に向け本当に重要になってきます。

 

その理由とやるべきことをいくつか伝えていきたいと思います。

 

1.高3になってから追い込んで、本気だせば成績が伸びるなんてことは通用しない!

 

その理由は簡単です。高2のうちから(もしくはその前から)追い込んで勉強しているひとは山ほどいるからです。

もちろん目指すところによりますが、高3になってから頑張って希望の大学に合格できるほど甘くないです。

高3の間がんばることなんて当たり前のことです。

だからこそ!高2の間にいかに頑張ったかが重要です!

 

2.とにかく基礎固め!

勉強しなきゃいけないのは分かるが、そしたらなにやろう・・・(?_?)

となるとおもいます

この一年間意識してほしいのが、主要科目をがちがちに固めることです。

そこまで難しいことにチャレンジするわけではなく、少し簡単かな~というレベルからしっかり時間をかけて取り組むことです。

例えば、英語であれば基礎的な単語から取り組み、少しずつ難しい問題へと繋げていきましょう

長いスパンで考えて少しずつステップアップすることが重要です

 

3.部活や学校行事を本気で取り組み楽しむ!

これは、高2に限った話ではありませんが高校生活でしか味わえない部活動・学校行事を全力で楽しんでください

 

つまり!まとめると、高2が受験において非常に重要な一年間であり、がちがちに基礎を固め、勉強以外も全力で過ごす!

ということです。新高2生がんばってください!

明日のブログは、きむ担任助手による高3になったらです!