4月模試に向けて~佐田ver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 4月 20日 4月模試に向けて~佐田ver~

 

こんにちは!青山学院大学社会情報学部2年の佐田佳純です

 

今回は4月模試にむけてということで、先日石井宏樹担任助手から模試についてのブログがあったので

かぶる面もあるかもしれませんが、是非ご覧くださいね^^

学年別で行います!

まず高3生のみなさん!!

みなさんももう分かっているとは思いますがその上で言います。

4月模試は本当に重要な模試です。

結果はもちろん大切ですが、一番に大切なのはその後の分析と行動です。

担当の方と面談はすると思います。

かならず自分がどこができなかったのか

そこを直せばあと何点取れたのか

そして2ヵ月後の模試のとき、何点取れるのか

分析をしなければ、模試を受けた時間が無駄になってしまいます。

また本番まで4月模試を除いて、あと4回しかありません。

なので貴重な自分の試験の結果データを生かせるように、見直し、実行しましょう!

そして、もう復習するのは言わずもがなです。

問題傾向をいかにわかっているかで、時間配分と気持ち的な余裕が変わります。

ここでまず受験生として自覚を再認識し、時間がないことに気付きましょう。

模試後の対策にのみしか着目できずすみません。

 

次に高2生のみなさん!

各個人によってこの模試に対する取り組み方は大きく違います。

すでに6割~取れている皆さんは

いかに残りの苦手なところを少しでもとき進めること

時間配分を調節

教科ごとの事前準備の量を変化させること

などがまず必要です。

次に中々点数が取れない人は

まず模試に慣れること

そして自分がどこに多く時間を使っているか把握すること

が大切です。

特に2つ目が大切です。

自分が何にてこづり、先に進めないのか、点が伸びないのか試験中意識しましょう。

 

高1生のみなさん!

恐らくはじめて受ける方が多いと思います。

だからこそ、空気間や模試の緊張感を味わい、次の模試からさらに高いレベルで闘えるよう先取りをしていきましょう!

 

以上です!!

明日ブログは吉田安理沙担任助手による高1・2☆MVPです。

お楽しみに!