部活と勉強の両立~きむver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 12日 部活と勉強の両立~きむver~

こんにちは!

法政大学生命科学部生命機能学科2年のきむです!

最近関東地方も梅雨入りして、雨天が続いています。体調には気を付けてくださいね!

さて、本日のテーマは【部活と勉強の両立】ということで、お話していきたいと思います。

というのも、このテーマは私が最も皆さんに伝えたいことであることと同時に、私が高校生の頃、最も苦しんだ課題でもありました。

私は高校生の頃、小学校から続けていたサッカー部に所属していました。

部員人数は全学年で40~50人、月曜定休の週六日。

決してサッカーに関して有名校ということはありませんでしたが、、グラウンド、監督・コーチなど、サッカーをする環境はとても充実していました。

部活での時間はとても幸せであり、楽しいものでした。

高校2年生になり、自分たちの代で副部長を務める事にもなり、相変わらず部活一色の高校生活を送っていた私は、12月の新人戦が始まる頃に「勉強、そろそろやっとかなきゃかな?」と思うようになってきました。

そして東進ハイスクール新百合ヶ丘校に入塾することになったのですが、入塾してすぐに、

「とりあえず入塾したけど、高3生になってからが本番だろ!」

と、謎の自信が芽生え、受講はもちろんマスターもなかなか手を出さないというようになってしまいました。

そこから3カ月たち、2月模試。

結果はボロボロ。数学はどちらも10点に満たないという現状に直面しました。

「これはもしかして、高3から本気出すのではやばいんじゃないか?」

と、ここから危機感を感じるようになりました。

『危機感』というのは人間の本能であり、ヒトと言う種の存続がここまで続いた1つの大きな要因です。

危機感は、私が動くための大きなエネルギーとなり、2月模試の結果がでたその日から、

「ここから、誰よりも1番努力する。」

と心に決めたことを覚えています。

さて、ここからの日々の1日の具体的なスケジュールは以下の通りとなりました。

6:00 起床

6:30 自宅受講

8:00 登校

19:00 下校

19:30 校舎でマスター

20:00 7限受講

22:00 帰宅

23:00 確認テスト・マスター(受講)

毎日はできませんでしたが、基本的にはこれを一日の流れとしました。

部活生の皆さんに伝えたいことは、

「自分が1番努力しなければならない」

ということです。

例えば、グループミーティングでも、受験の倍率が5~7倍とすると、単純すぎる計算にはなりますがその中から1人程度しか合格できないというのが実際の数字です。

今頑張れていないという自覚が少しでもある人はまず、

グループミーティングの中で圧倒的に努力すること

を目標にしてください。

そして、部活も同じように全力で取り組んでください。

全部欲張って1番努力して、誰よりも1番楽しみましょう。

このブログが今乗り切れていない人のためのモチベーションに少しでもつながることを願います!

明日のブログは外山結月担任助手による、【大学・学部紹介】です。東大志望の人は必見です!お楽しみに!