私が東進に入った理由~外山ver.~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 8月 18日 私が東進に入った理由~外山ver.~

みなさんこんにちは!

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科外山葉月です!

本日のテーマは「私が東進に入った理由」ということで、私が東進に入ることを決意するに至った理由をお伝えします!

 

私が東進に入ったのは高2の秋頃です。

きっかけは、学校で行われる三者面談でした。

先生に「物理が全範囲終わるのは高3の2学期」と言われ、演習量を確保できないことに焦りと危機感を感じました。

私は当時大手予備校に通っていたこともあり、そこで物理を受講することも検討しましたが、高3の1年間をかけて物理の全範囲学習を終わらせるスケジュールになっていて、結局学校と同様、演習量の確保にはつながりませんでした。

そこで検討し始めたのが東進です。

 

私にとって東進の魅力は以下の2点でした。

①自分のペースで授業を進めることができる!!

先ほど述べたように、通常なら1年間かけて学習するものを、東進なら短期間で学習し終えることができます。

私の場合「物理が間に合わない!!」と気付いたのが高2の秋でしたが、その後東進に入学し、高3になる前に物理の全範囲学習を終えることが出来ました。

これは東進ならではだと思います!!

②復習する習慣をつけることができる!!

私は元々大手予備校に通っていましたが、復習を怠っていたため、気付いたら全く授業についていけない状態になっていました。

しかし東進では、授業ごとに確認テストがあり、合格点を取らなければ次の授業に進めない仕組みになっています。

要するに次の授業に進むためには前の授業を完璧に理解する必要があります。

また、講座の最後には修了判定テストがあり、全受講が終わってからもしっかりと復習しなければいけない状態が整っています。

このように、確認テストや修了判定テストを受けることで自然と授業の復習ができ、理解しないまま進むというのを防ぐことが出来るのも東進の魅力だと思います!

 

私はこれらの魅力に惹かれて東進に入学することを決意しました。

簡単に言えば、「東進が私のニーズを満たしていた」ということになります。

現時点で予備校を探しているというみなさんは、「自分のニーズは何か」、そして「どこの予備校ならそのニーズを満たすことができるのか」ということを考えてみてください!

 

明日のブログは金担任助手による「高1,2生MVP」です。

一体誰がMVPに選ばれるのでしょうか??!お楽しみに!!