私が志望校を決定するまで! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 8月 14日 私が志望校を決定するまで!

こんにちは!

明治大学理工学部2年石坂です!

最近は雨ばっかりで夏らしい夏を感じませんね・・・。雨が降ると朝登校へのガッツがでない傾向にあります!雨なんかに負けずに元気よく早起きしましょう!

さて、今回のブログテーマは『志望校を決めるまで』ということで私の現役時代の話をしたいと思います!

みなさん!突然ですが行きたい大学ありますか?

うんうん!

もうこれ!と決まっている人、迷っている人たくさんいると思います。これから決めようと思っている人に向け、3つのポイントに絞ってお話します。

好きな得意な分野

自分は物理が好きだったので、受験した学科は物理系がほとんどでした!高校時代は「めちゃめちゃ好き!」というわけではなかったのですが大学で専門性が高くなるにつれ、心の底から好きといえるようになりました。

やはり4年間、専門性の高い勉強をするには「根性」だけではどうにもなりません。

自分の好きな科目や、得意な分野の学科に進むと学校の勉強が楽しくなりますよ!

自分の欲求に

例えば、自分は都会志向が強く、輝かしいキャンパスライフに憧れていました!

「理系でも都会が良い!」「近いところがいい!」ということで、キャンパスの立地をめっちゃ調べていました笑。上智の四谷、中央の後楽園などなど調べてみると理系でも意外とありますよ!

ちなみに、明治理工は生田キャンパスで自宅から30分ほどです

 夢から逆算して

 これが大学選びにおいて一番重要だと思います。教師を目指すなら教育学部、プログラマーを目指すなら情報学部…とマッチした大学を選ぶと夢への勉強が思う存分にできます!

理工学部に行っても教師になれるし、文学部に行ってもプログラムの勉強はできます。

ですが、大学生といえど時間は有限。好きでもない勉強や課題に時間をとられながら夢への勉強と両立するのと、大学の勉強が楽しくさらに+α自分で学べるのとでは時間の使い方が大きく違います。

こういったミスマッチを防ぐためにも、夢は早くから決まっていたほうが良いんですね~

 

いかがだったでしょうか?実際に第一志望校以外の滑り止めまで考え、受験スケジュールを組むのは受験直前に行うことです。高3生は第一志望校への決意をとにかく固め、できるならば第三志望ぐらいまで考えとくといいでしょう!高1.2生は自分の夢と向き合いそれから逆算して考えましょう!時間はあります。それが難しかったら、最初は自分の欲に忠実に!都会が良い!とか、有名だから!とか、近いとかとか!まずは目指してみましょう。それからでも遅くはありません。

 

明日のブログは伊藤万里奈担任助手による「志望校決定するまで」です。お楽しみに!