私が大学で頑張っていることfrom真島 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 20日 私が大学で頑張っていることfrom真島

みなさんこんにちは、慶應大学総合政策学部2年の真島です。

最近は12月並の寒さということで非常に寒いので体温調節に気をつけていきましょう。

特に、寝ている間は要注意ですよ!

さて、本題に入りたいと思います。本日のテーマは「私が大学で頑張っていること」です。

主に二つ紹介したいと思います。

1.学校での勉強

僕は総合政策学部という学部なので様々な分野の勉強をしています。

文系なのですが、理系分野の授業もありますし、特定の分野以外の勉強が出来るのが非常に楽しいです。

また、ここが他大学と比べ珍しいところですが、今学期はテストが1つもありません。

ほとんどグループワークを行ったうえでのプレゼンテーションで成績が決まります。

そのため、色々な学年・専門分野の人と話し刺激を多く受けています!

普通のテストだと、教授がもっている知識をきちんと覚えているかチェックする。

といった形ですが、

グループワーク形式はみんなでアイディアを出し合いそこから考えを深めたり、新しいビジネスモデルを考える。といったことをやっていて非常に楽しいです!

そして僕の専門分野ですが、今学期からマーケティングを勉強しています

データ分析をしそこから経営戦略を考えていきます。データ分析などは非常に難しいですがやっていて楽しいので継続的に頑張って生きたいと思います!

2.サッカー

僕は現在サークルにてサッカーを続けています。

中高は一年間365日中300日くらいサッカーをやっていて、大学でも部活に入ろうか迷いましたがサークルという形で頑張ることを決めました。

サークルだとなんだか緩くてただ楽しむことを目的としているように思われる方もいると思いますが

サッカーサークル日本1を決める大会があり、そこで優勝することを目標に練習を頑張っています。

 

サークルサッカーは特有の難しさ、楽しさがあります。

部活ではないので練習にも試合にも強制されません。そのためサッカー以外の分野で頑張ることができますが、アルバイトだったり勉強との両立が大変で、そのことに悩んだりすることもあります。

 

サークルでサッカーをやるというのは、正直言って自己満足かもしれません。

お金もかかりますし時間もとられます。しかしそれでもサークルでサッカーを続けたいと思えます。

 

なぜかというと、これだけサッカーに熱中できるのは大学生が最後だと感じているからです

そしてなにより、サッカーしている時間が一番楽しくて、本気で熱中できそれがなにより幸せだと感じます。

また、サッカーをしていたからこそ様々な人との出会いがありました。

 

以前父親に「お金にならなかったり、時間が取られるものに本気で熱中することも非常に価値があることで、学生でしか熱中できないことがある」

といわれました。

それは高校生でいうと、部活動だったり、文化祭、体育祭だったりします。

自分の好きなこと、熱中できることを本気でやることが非常に重要だと思いますし、今しかできないことを楽しむことは非常に価値があると思います。

だからこそ、学校の部活動や学校行事は本気で取り組み、楽しむことが大事ですよ!

 

話が少しそれましたが、

大学では、 「自分の将来のために一生懸命勉強すること」

「今熱中できることを本気で楽しむこと」この2点を意識して頑張っています!

 

明日のブログは吉野担任助手で高1,2MVPです!