真島からのメッセージ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 6日 真島からのメッセージ

 

みなさんこんにちは、担任助手2年の真島です。

最近花粉が飛び始めましたね。

中高生時代は花粉症ではなくてラッキー!と思っていましたが、大学生になり違和感を感じ始めました。

歳でしょうか。きっとこのようにして身体が年老いていくのでしょう。悲しいです。

 

さて、本日は「真島からメッセージ」ということで受験に対してどのようなモチベーション・考え方で挑んでほしいかということを伝えたいと思います!

 

①自分の信念・軸をもって挑むこと

「みなさんはなぜ大学受験をするのでしょうか?」

「なぜ大学に行きたいのでしょうか?」

この質問に「えっ、みんなが目指すからなんとなく」「ん~、親が大学にいけとうるさいから」

と理由が特に思い浮かばない場合はじっくり考えた方がいいと思います。

なぜかというと、大学受験に対してぼんやりと考え、挑もうとするのであれば、絶対に乗り越えることが出来ないからです。

どこかで詰まり・逃げだしてしまいます。そして、受験を終えたとしても達成感は得られません。後悔した自分が待っています。大学受験はそう甘いものではありません。

だからこそ「自分の信念・軸」というものをもって受験に挑んでほしいと思います。

「なぜ大学受験をするのか」「なぜ大学にいくのか」というのをじっくりと考えてください。

 

「大学受験を通して自分に自信をつけてやる!」

「いままで受験というものを成功させたことがないから大学受験でリベンジする!」

「大学に入って法律を学び立派な弁護士になってやる!」

自分でしっかり考えて決めたことならどんな理由でもいいんです。

その「信念・軸」を持ち続けながら本気で努力すれば、大学受験を終えたときどんな結果であれ成長した自分が待っていると思います。

みなさんの人生を決めるのは、親でもなく周りの雰囲気でもなく自分自身です!自分と向き合い、考えてみましょう!

 

②ほんとに後悔しない?

「ほんとに後悔しない?」

これを口癖にしてほしいかと思います。

例えば、大学・学部を決めるとき、本当にその大学・学部で入学した後に後悔しないだろうか?

受験科目を減らそうとするとき、本当に後悔しないか?

なにか選択に迫られた時そう考えてほしいと思います。後々考えて後悔しない進路、選択をしてください!

あともう一つあります。

「今さぼっていて後々、後悔しない?」

「今だらだらして、受験直前に後悔しない?」

こう自問自答してください。

自分は、だらけそうになったときこのように考えるようにしました。

長期的な目で見て、未来の自分を想像し今の自分が後悔しない自分かどうかを考えるようにしましょう。

 

最後に、大学受験というのは全員が納得する結果で終わるわけではありません。

当然ですが全員が第一志望に合格することなどは絶対にありえません。

 

しかし、受験を通して本気でぶつかり、本気で悩み、本気で挑んだのであれば受験後成長した自分が待っていると思います。

本気で挑んだのであれば後悔はしません。そして、行き着いたところで幸せになれると思います!

本気だからこそ得られるものがあります!本気!!!

以上が自分からのメッセージです。

くじけそうになったときやモチベーションが上がらないときに思い出してくだされば幸いです。

 

明日のブログは、相原担任助手で「合格体験記です!」