留学体験記 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 3日 留学体験記

こんにちは!首都大学東京 経営学系3年の山中涼平です。

最近本当に寒すぎて、カイロを手放せません。

最近インフルエンザが増えているようなので、くれぐれも体調管理には気をつけてくださいね。

 

さて、今日は、、

イタリアでの留学体験

についてお話します。

 

まずは基本データから。

留学先:イタリア ローマ大学

期間:2016年9~2017年7

滞在先:学生寮&シェアハウス

※ヴィットーリオエマヌエーレ記念堂

 

①基本の生活

 基本的には、現地の大学生と同じような生活をしていました。大学の学生寮に基本的に住んでいたので、学校までの距離はたったの5分でした。大学では主に自分の専門科目である経営学を、英語で学んでいました。(最近の欧州の大学は、英語で開講してる授業が普通にあるんですよ!!)経営学の中でもリーダーシップ論についての授業を取りました。中にはイタリアの軍隊(リーダーシップ論の中では時折軍隊が取り上げられます)を取りまとめる隊長が授業をしてくれるものもあり、とても面白かったです。しかし、読む文献の量は、大量だったので大変でした。一日に100ページもの英語の文献を読む必要があり、あまり平日は遊べませんでした。夜は、ルームメイトや近くに住む友達と夕飯を一緒に作ったり、ワインを飲んだりしました。

 

②課外活動

 欧州には、Erasmus Program という留学制度があります。この制度のおかげで、イタリアにいながら、様々な国の人と交流することができました。例えば、国際交流パーティーというものが大学で開催されました。各国の美味しい料理を持ち寄るそのパーティーは、自国の文化の尊さを再認識すると共に、様々な国への興味がぐっと上がりました!もちろんイタリアン料理もたらふく食べられたので大満足でした!多種多様な人々と交流することで、気づいたことは各国の特色の強さです。第二次世界大戦などの欧州の歴史が、各国の雰囲気を作り出していることを実感しました。具体例を出すと異論を呼ぶので控えますが、もし聞きたいことがあれば話しかけてください!

 

③イタリア世界遺産巡り

 イタリアの特徴といえば、やはり世界遺産です!イタリアには51個もの世界遺産があり、なんと世界で一番多いんです!私は、世界史選択であったので、世界遺産には興味がありました。そのため、休みの期間を使って世界遺産を全部巡ろう作戦をしていました!!異国の地でバスや電車を駆使しながら世界遺産を巡るのは私にとってとても刺激になりました。世界遺産をめぐり終えて感じることは、日本の町並みとイタリアのそれの違いです。イタリアは歴史的芸術的価値がとても高く、街の景色に深みがありました。逆に日本の街は、利便性に優れているものの淡白な町並みだと感じました。日本に帰ってきた今、そんな日本にかけている要素を今の日本に加えていくことで日本の価値を高められたらなと考えています!

※アマルフィー海岸

長々と真面目なことを書きましたが、とてもブログの中だけでは書ききれません、、、

それに、人が写っている写真はあまり載せられません、、なので

気になった方は、

直接山中さんに聞いて下さい!!

では、また校舎で会いましょう!

明日は、新高校三年生MVPです!ブロガーは眞島さんです、お楽しみに!