留学体験記~鈴木ver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 4日 留学体験記~鈴木ver~

 

みなさんこんにちは!

青山学院大学経済学部に通ってます鈴木広美です^^

担任助手に復帰して3ヶ月が経ちますが
正直、途中から入ってきて誰だろうな~
と思っている生徒も多いと思います。笑


実は元々、担任助手をしておりまして
去年の夏から大学を休学して
留学でに滞在していました!

そこでの体験談をほんの少しだけ
共有したいと思います!

 

①なぜ留学を決めたか

私は就活の時期との兼ね合いもあり、交換留学ではなく
休学をしなけらばなりませんでした。
これは自分の中でも大きな決断で、正直かなーり悩みました。

決め手はやはり、今しかできない!
と思ったからです。

就職したら長期で留学なんてできないに近いと思います。

 

ここからはきっかけの話です。

 

中3の修学旅行で初めての海外旅行で
ニュージーランドに2週間滞在しました。

そのうちのほとんどをホームステイで過ごしたのですが
その家族4人がとっても良くしてくれて
自分の中で一生の思い出になりました。


ですが、当時の英語力は皆無に近く(笑)
日常会話はもちろん、感謝の気持ちすら
上手に伝えることができなかったことが
悔しくてたまりませんでした。

そのため、大学生になったら長期で留学に行って
またあの家族に会いに行くんだ!!

と思ったことがきっかけでした。

そこから興味を持ち始めました!

 

②なぜロサンゼルス

まず単純にアメリカに強い憧れがありました!

また私は語学学校に通った後、”現地でインターンシップをする”
ことをひとつの目標としていました。

そこで留学生のインターンを受け入れる企業が
比較的多い地区に絞りました。

個人的に雨と寒いのが嫌いなのを
考慮して最終的にロサンゼルスに決めました!

 

③力を入れたこと


最初の2ヶ月はホームステイを利用していたのですが
アメリカ人の同年代とルームシェアすることで
学生の使うスラングを吸収したり、話す早さに慣れたい!

と考えたのでひっっっしに探しました。
自分の条件とする項目が多かったため
探してから決定するまで1ヶ月以上かかりました(T-T)

 

結果的にUCLA大学に通う1つ上の女子大生2人と
私の3人で暮らすことになり、
最初は話についていけず泣きそうになる毎日でしたが
とても貴重な経験をすることができました。

 

 

もうひとつは
前述したインターンシップです!

簡単にいうと現地の企業で就業体験をした
ということです。



まず学校の一番上のクラスの試験に合格しないと
インターンシップに応募する権利をもらうことができません。

約4ヶ月後まずはその試験になんとか合格し、
学校の先生に協力をお願いして履歴書を書いたり
面接の練習をしてもらいました。

 

たくさんの企業に応募しましたが
なかなか返事が来ず、心折れそうになりかけたところで
ひとつ面接を受けさせてもらうことになりました。

 

英語での面接は
口から心臓が出そうなほど緊張しました><

 

合格の通知が来た時は
思わずガッツポーズ。笑

そこから約2ヶ月間のインターンシップは
緊張の連続でしたが
電話応対や企画ミーティングなどなど
なんとか乗り切ることができました。。。


④留学を通して


留学している時は
とにかく必死に毎日を過ごしていて
今思い返してみると
無謀なこと、危険なことたくさんしていました。。。笑


でも毎日を多国籍の友達と過ごす中で、
世界の人が何を考えているのか
どんな境遇でこれまで過ごしてきたのか
どんな宗教で
なにに興味があって
どんなことに心をアツくするのか


そんなことを肌で感じることができ、
大切な友達もたくさんできました。


また、初めて親元を離れて暮らす中で
家族の大切さ
親への感謝の気持ちなど
改めて痛感しました。


これは私の留学のほんの一部の経験です。
まだまだ話したいことは山のようにありますが、、、


聞きたいことがあれば
何でも答えるので
ぜひ鈴木広美まで!!!



明日は金担任助手による
大学で頑張っていること
です!


お楽しみに★