模試後の復習について! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 8月 24日 模試後の復習について!

こんにちは!担任助手1年の重村です!

昨日8月23日は東進の主催する8月センター試験本番レベル模試でした!お疲れ様でした!

みなさん感触はいかがだったでしょうか?

本日は、模試後の復習に関してアドバイスを行いたいと思います!

いきなりですが、みなさん模試の復習をしましたでしょうか?

まだしてないという方、危険です!

本来模試とは、何のために存在するのでしょうか?

そう、答えはもちろん「現状の実力を確認する」ためです。これに尽きます。

模試は点数にこだわるものではありません。自身の学力の到達度を計るものさし以外の何者でもありません。

なぜなら、あくまで「模擬」試験である以上何の効力も持たず、本来の入学選抜試験とは全く異なる存在であるからです。

その点、入試がふるいをかけるための「落とす」試験である一方、模試は基本事項を中心とした「取らせる」試験であります。特にセンター模試ではその傾向が顕著です。

なので、学習事項を確認するのに適した良問が多く採用されます。これが模試を復習すべき最大の根拠です。

そして、そのエッセンスを最大限吸収すべく、僕はその場での復習をおすすめします。

模試を受けたその日、解答をもらった直後にその場で採点、復習するのです。

解けない問題忘れてしまった知識次の日に持ち越すのはよろしくありません。

よく復習し、点数と向き合い必ず今後に生かしてほしいと思います!!!

それが模試を受ける意味です!!

明日は山下担任助手による、夏休みもラストスパートであることに関してのお話です。

明日も一日がんばっていきましょー!