東進に入ってよかったこと☆~林田編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 2月 5日 東進に入ってよかったこと☆~林田編~

みなさん、こんにちは~(*^^*)

担任助手4年生の林田悠里です!

今日は一日中雪の予報ですね、、、とにかく寒い!!!

交通機関への影響も予想されますので、こまめにニュースをチェックしましょう☆

 

さて、今日のブログのテーマは「東進に入ってよかったこと」です。

新学年まで2か月を切った今、そろそろ予備校に通わなきゃな、、、なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

そんなみなさんのために、実際に東進に通って現役合格を手にした私から、東進に入ってよかったと思うポイントをお伝えしたいと思います(*^^*)♪

ポイントは大きく分けて3つ!!!

 

①自分のペースで受講できる!

・・・東進には決まった時間割というものが存在しません。映像授業のため、自分の好きな日・時間に予約をして授業を受けることが出来ます。今までの予備校では、基本的に同じ授業は週に1回のペースだったものが、東進では毎日だって受講することが出来るのです!!!それにより早期学習が可能になり、いち早く基礎部分のインプットを終えることが出来たことが良かったと思っています。

②グループ面談で常にライバル達に刺激をもらえる!

・・・東進には、週に1回30分間のグループ面談という時間があります。そこでは、1週間の勉強スケジュールを担当の担任助手の先生と共に綿密に計画していきます。普段は個別ブースで受講をするため、なかなか周りのみんながどれくらい頑張っているのかを知る機会が少ないですが、このグループ面談を通して他のメンバーの努力量を知ることが出来、刺激をもらっていました。グループ面談が一緒だったライバルとは、受験を終えて4年経った今でも大の仲良しです!

③やる気アップにつながるイベントが盛り沢山!

・・・受講や、高速基礎マスターを毎日頑張ることは基本ですが、それだけではどうしてもモチベーションが下がってしまうこともあります。そんなときのために、新百合ヶ丘校では毎月様々なイベントを実施しております。たとえば、映像の中の先生に校舎に来ていただく特別公開授業や、高速基礎マスターのみを集中して行うマスター缶詰特訓など、モチベーションの上がるイベントに出席することで、周りのライバルともさらに仲良くなりやる気を継続することが出来ました。

 

まだまだここに書ききれないくらい東進に入ってよかったと思うことはありますが、私が一番自信をもっておすすめできるのは、校舎で働く「担任助手」の存在です!!!新百合ヶ丘校では、実際に東進に通い現役合格をした22名の大学生が、担任助手として受験生のために本気で働いています。

お時間がありましたら、ぜひ新百合ヶ丘校を覗きにいらして下さいね(*^^*)

スタッフ一同お待ちしております!!!

明日の更新は鈴木広美担任助手です☆お楽しみに♪