新百合の受験生へ! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 1月 25日 新百合の受験生へ!

皆さんこんにちは!

担任助手4年の田中です!

 

寒い日が続いていますね。体調は万全でしょうか。

 

昨日は特に寒かったと思いますが

 

奄美大島でも雪が降ったそうです。115年ぶりだとか・・・

 

そんな寒さなので体調を崩さないように十分気をつけてね!

(特に受験生!)

 

さて、本日は私から受験生の皆さんへ応援メッセージを伝えたいと思います!

 

といっても、皆さんはすでにいろいろな担任助手の人から

いろいろな言葉をかけてもらっていると思いますので、かぶっていたらごめんなさい!

 

僕から伝えたいのはこの言葉だけです!

 

 

 

「人事を尽くして天命を待つ」

 

 

この言葉はやるべきことを最後までやりつくしたのなら、

後は神様が判断するだろうというような意味です。

 

センター試験が終わり、これからの自分の勉強に不安を覚えている人も多いと思います。

 

「センターでうまくいったけど、二次私大は大丈夫だろうか」

「センター大失敗したし、もう無理かもしれない・・」

 

色々は不安が付きまとうかもしれません。

 

このような不安を抱える人には酷なことかもしれませんが

受験をしている方はみんな本番を迎えます。

試験日の差はあれど、残された時間は長くても1ヶ月程度です。

 

どうせ迎える入試本番までをいかにして過ごすか、

その時間をどう使うか、

それをしっかりと考えられた人だけが合格に近づけると思っています

 

これまで努力した成果をここで無駄にしてしまってはもったいないです。

だからこそ残された期間でやれることはすべてやって入試に臨めるようにしましょう!

 

 

ところで、これまでの話の逆で

 

「センターも成功したし、過去問も点数取れるし、もう大丈夫でしょ」

と気を抜いてしまっている人はいませんか?

 

 

入試本番は思いのほか緊張します。

滑り止めの学校や練習のつもりで受ける学校はともかくとして

 

そうではない学校や第一志望校ではわけが違います。

まして問題の傾向も去年どおりになる保証もありません。

実際僕は明治大学商学部を受けたときに問題の傾向が変わって

びっくりしました。(過去問をやっていたため、そんなに影響はなかったですが)

 

また、過去問をやっていても毎回満点が取れる人はそういないと思います。

 

そういうことを考えると

皆さんまだまだやることは大量に残っていますよ!

何をやっても満点にしかならない、という状況になるまで

徹底して勉強してください!

 

 

結果が良い人もそうでない人も

本番までのあと数週間を終わった後に後悔が残らないよう

やれることをすべて行なって全力で頑張りましょう!

結果はやった努力の分だけ必ずついてきます!

 

受験生の皆さん、頑張ってください!

 

 

さて

明日のブログは

「新百合のぐでたま」こと増田担任助手です!

受験生へ熱いメッセージを送ってくれるでしょう!お楽しみに!