担任助手紹介!~重村編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 4月 11日 担任助手紹介!~重村編~

こんにちは!新百合ヶ丘の THE 男 の重村直毅です。 とはいえ、校舎を代表する漢としては、男性ホルモンがもっと欲しいですね。亜鉛のサプリでも飲むべきでしょうか。

今回は新年度ということで、改めて自己紹介をします!一年間はあっという間で、もう2年目です。気合を入れていきます!

僕は現在、東京大学の文科一類というところに通っている大学2年生です。今年進学選択です!ゆくゆくは法学部に進学を希望してます。ただ、1年生の頃に語学(英語・スペイン語)の勉強をサボってしまった関係で、成績はあまりよくありません。大学の成績って、語学の占める範囲が大きいのです。つらいですね。無事法学部に進学できることを祈っています。

筑駒という高校に中学から通っていたので、周囲も同じ大学を選ぶ人が多かったです。よい刺激になりました。

部活はサッカーを高3の春までやってました。一時期は体幹信者となって毎日体幹トレーニングをやってました。サッカーの長友選手なんかがよくやってる、横向きながら足をグルグルさせたりするアレですね。僕はDFだったので、身体の強さは大事なんです。一時期すごい流行ってた気がするのですが、最近はどうなんでしょう。

あとは、高3の秋に文化祭でコントをやりました。コントはいいですよ~。人生の縮図がそこにはあります。

将来は国の役人になって日本の行政を担う、という夢があります。その夢のおかげで受験勉強を頑張れたのですが、最近自分の夢に自信をもてなくなっています。ですが、公務員試験は受けるつもりなので、春から伊藤塾に通い始めました!専門の勉強も頑張ります。

趣味は、読書です。最近読んで面白かったのは、「想像の共同体」ですね。難しい話ばかりだったのですが、「国家、国民という概念は、近世以降の科学技術の発展に伴い衰退した宗教的結束感の代替物として創出され普及するようになった」みたいな話がすごい印象に残ってます。そう考えると、国に仕えたい、という僕のアツい気持ちはどこから生じたんでしょうか?何事も勉強すると、自分の中の前提・考え方の枠組み、みたいなものが揺るがされる経験ができて楽しいですね。今は「銃・病原菌・鉄」を読んでいます。ミーハーとか言わないでください(笑)。

皆さんも、大学生になったら自分の興味の赴くままに色々なことができます。それだけ自分の可能性を広げるチャンスです。大きな可能性を得るためにも、大学受験に対し前向きに望んでくれたら本望です!

 

明日は期待の大型新人、村田ナギサ担任助手による自己紹介です! 明日もお楽しみに!