担任助手を志した理由~田中裕太編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2014年 11月 8日 担任助手を志した理由~田中裕太編~

  みなさん、こんにちは!

担任助手3年の田中裕太です。

 

ここまで、たくさんの担任助手が担任助手を志した理由を話してきたので、ここで僕も志した理由を伝えたいと思います。

 

僕が担任助手を志した理由は、大きく分けて2つあります。

1つは、自分が担任助手になることで、校舎への恩返しになると考えたからです。

僕は高校2年生の8月に新百合ヶ丘校に入学しましたが、当初の僕はまさに野球バカで、勉強は二の次、とりあえず程々に勉強できればいいかな、という理由でした。しかし、3年生に進級した時に出会ったグループ面談の担当の人に本当に熱心に指導をしていただきました。その指導をしてもらう中で、僕は人間として成長することができて素晴らしい受験生生活を送ることができました。受験生として自分が成長できたので、今度は僕が担任助手として、多くの生徒の成長をサポートできたらと思い、担任助手になりたいと思うようになりました。

 もう一つが、自分自身の成長のためです。皆さんの視点で見ても明らかなように、担任助手の皆さんは、はっきり言えば普通の大学生には見えないですよね?正直、僕も最初はみんな社会人なんだと思っていました(笑)。それだけ、この仕事をすると学生としてはもちろん、一人の社会人として成長することができます。僕自身も学生時代、そんなかっこいい半社会人の皆さんに憧れ、「自分もあんな風に成長したい!」と思っていました。

 

 さて、そんな僕も今年で担任助手生活3年目になりました。(というか、もうすぐ4年目になります。)今までの担任助手生活で受験生は25人、12年生の生徒は11人見てきました。こうして振り返って見ると、まだまだ僕は担当生徒全員に「新百合ヶ丘校に来て本当によかった!」と思わせることはできていないのではないか、と思います。さらには、僕にも今は後輩担任助手がいます。そんな後輩たちにもまだまだ自分が先輩から学んだことや、体験から得たこと感じたことを伝えきれていないのではないかと思っています。

ですので、残り1年間は自分がこれまで培ってきたことの多くを後輩の担任助手や生徒に伝えていきたいと思います。実際、それができて初めて「校舎への恩返し」ができたと言えるのではないかと思います。

 

 また、これから担任助手になりたいと思っている皆さんは、受験がすべて修了するまでの間頑張り続けて下さい!結局、「一番つらい時にどれだけ努力したか」とか「目標に向かって努力を続ける経験をどれだけしてきたか」とか、そういったことが生徒にしっかり伝えられるかが重要だと考えています。だからこそ、ここから更にギアを一段上げておもいっきり勉強を続けて下さい!そんな皆さんを僕らは心待ちにしています!

 さて、明日は見ちゃらそうに見えて実は本当に真面目な加藤遼也担任助手の「担任助手になったきっかけ」です!お楽しみに!

 

※明日は17:45から行われる新百合オープンキャンパスの影響で17:20から自習室が使用できませんので、ご注意下さい!

 

***********************

1120日(木)19:00~21:00

新百合トウェンティワンホールにて特別公開授業が行われます!!

「受かる人の英語勉強法」『受験勉強スタート編』

英語カリスマ講師・安河内先生の生授業が受けられるチャンス☆

【詳細はこちら】  【お申込みはこちら】